リーフィアVMAXデッキレシピまとめ【最新ポケカ環境】

この記事を書いた人

K-五十嵐

ジムバトル優勝経験多数、PTCGOドはまり、現在は親子でもっぱらポケカ。

当サイトオリジナルデッキデッキ

今回ポケカSTARTでは、リーフィアVスイクンのデッキレシピ(デッキリスト)をご紹介致します。

デッキの内容は当然ながら、使い方や改造方法など初心者にも分かりやすく徹底的に解説しています。また、現環境に対しての対策などもお伝えしております。是非参考にしてみてください。

バトルリージョン環境

スターバース環境

フュージョンアーツ環境

リーフィアVスイクンデッキ

基本デッキレシピ(デッキリスト)

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
リーフィアVMAX スイクンV
※画像はズーム可能

相手の逃げるエネルギー(以下逃げエネ)が多くなるほど火力の上がる技「くさむすび」を持つ【リーフィアVMAX】と、お互いのベンチポケモンの数が増えるほど火力の上がる【スイクンV】を組み合わせたデッキ。

本来の【リーフィアVMAX】デッキと違い、サブアタッカーの【スイクンV】が採用されている事でサイドプランを2-2-3と押し付けることが可能で、安定した火力を確保することが出来ています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
リーフィアV ジメレオン
※画像はズーム可能

【リーフィアV】を場に用意し、【メッソン】【ジメレオン】【インテレオン】の「うらこうさく」ラインを場に展開しましょう。

「うらこうさく」を使えることでデッキを回す安定度が段違いに増す為、素早く展開していきます。

【リーフィアV】には、「りょくかさいぼう」という特性が付いています。

自分の番が終わる代わりに山札にある基本草エネルギーを自分の場のポケモンに付けられるというもので、この特性を1ターン目に使う事で2ターン目から安定して攻撃に移る事が出来るようになっています。

しかし、エネルギーの付け先をどこにするか、ということは良く考えましょう。

リーフィアV スイクンV
※画像はズーム可能

その時の自分の手札次第で、【リーフィアV】に付けるのか、【スイクンV】に付けるのか、適切に判断していきましょう。

勿論、相手のメインアタッカー次第で選択することも重要です。

【リーフィアVMAX】ではなく【スイクンV】をメインで使う盤面を作った場合、【ガラル鉱山】をあえて貼らないという選択肢も考慮に入れておきます。

【リーフィアVMAX】と違い【スイクンV】の打点には【ガラル鉱山】の影響が全くなく、むしろダメージを負った【スイクンV】を逃がし辛くなってしまいます。

勿論【スイクンV】が倒された後に【リーフィアVMAX】を前に出して戦いたいから【ガラル鉱山】を貼っておく、というのも悪くはありませんが、不必要な場面で場に出さないようにしましょう。

ボスの指令 ガラル鉱山
※画像はズーム可能

試合展開が苦しい展開になった場合は、【ボスの指令】で相手のベンチポケモンを場に呼び出し、【ガラル鉱山】を貼り、【リセットスタンプ】で相手の手札を減らす、ということも非常に有効です。

厳しい展開に持ち込まされた際にはその選択も考慮に入れ、上手く捲れるプランニングを取っていきましょう。

有利不利なデッキや対策
ミュウVMAX マルヤクデVMAX
※画像はズーム可能

本来の【リーフィアVMAX】デッキと同じく、逃げエネが0の【ミュウVMAX】主体デッキを苦手としています。

しかし、【スイクンV】によってある程度回答を持つことが出来ており、戦えるようにはなっています。しかし、【スイクンV】のHPが210である以上「テクノバスター」210打点で丁度倒されてしまう為、苦手なデッキという事に変わりはありません。

【リーフィアVMAX】の弱点であり苦手としている、【マルヤクデVMAX】デッキの様な炎タイプアタッカーメインのデッキには有利に戦えます。

リーフィアVMAX アルセウス&ディアルガ&パルキアGX
※画像はズーム可能

【スイクンV】が水タイプのポケモンの為、むしろ弱点を突くことで優位性を保ったまま戦うことが出来るでしょう。

【アルセウス&ディアルガ&パルキアGX】主体の三神デッキにも有利で、【ガラル鉱山】と「くさむすび」を組み合わせることで、一撃で倒すことが出来るようになっています。

本来の【リーフィアVMAX】デッキの良さは失われておらす、変わらず有利対面だと言えるでしょう。

フュージョンアーツ環境での立ち位置
スイクンV ガラル鉱山
※画像はズーム可能

【スイクンV】によって【ミュウVMAX】相手に対しても200打点を出すことが可能になってはいますが、それを加味した上でも【ミュウVMAX】デッキが辛く、苦しい環境だと言わざるを得ません。

しかし、【スイクンV】が採用されていることで【ガラル鉱山】が場になくても安定した火力を出すことが出来、一方的に不利を取ると言ったような状況は少ないデッキだと言えます。

安定して戦えるデッキであるというのは間違いないでしょう。

リーフィアVMAXデッキは重ければ重いほど高火力!

基本デッキレシピ(デッキリスト)

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
リーフィアVMAX ガラル鉱山
※画像はズーム可能

相手の逃げるエネルギー(以下逃げエネ)を参照してダメージを与える技「くさむすび」を持つ【リーフィアVMAX】を軸としたデッキ。

【ガラル鉱山】によって相手の逃げエネ二個重くすることで火力を向上させられ、相手の逃げエネ次第で360打点を出すことも可能なデッキとなっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
リーフィアV ジメレオン
※画像はズーム可能

【リーフィアV】を場に用意しながら、【メッソン】【ジメレオン】【インテレオン】の「うらこうさく」ラインを展開しましょう。

「うらこうさく」を使用することで必要なトレーナーズを手札に加えることが可能な為、場に展開出来れば展開できるほど楽にデッキを回すことが出来るようになります。

【クイックボール】や【レベルボール】、【デデンネGX】の特性「デデチェンジ」などを活用していきましょう。

【リーフィアV】には、「りょくかさいぼう」という特性が付いています。

自分の番が終わる代わりに山札にある基本草エネルギーを自分の場のポケモンに付けられるというもので、この特性により2ターン目から安定して攻撃に移る事が出来るようになっています。

リーフィアVMAX ガラル鉱山
※画像はズーム可能

【リーフィアVMAX】の技「くさむすび」はエネルギー二個で使うことが出来、安定して戦うことができるでしょう。

「くさむすび」は、相手のバトルポケモンの逃げエネの数×60ダメージを与える技です。

その為、そのまま使っても60~120ダメージになってしまうケースが多く、そのまま使うには火力不足が否めません。

その為、【ガラル鉱山】を場に出すことで相手の逃げエネを二個重くし、火力を上げてしまいましょう。

【ガラル鉱山】さえ場に出せばダメージの下限が120になる為、VポケモンやVMAXポケモンなどを倒せるラインが大幅に変わってきます。

自分のバトルポケモンを逃がし辛くなるデメリットもありますが、火力を出したい場面では積極的に貼っていきましょう。

このデッキにおいて、【ふうせん】と【ハイド悪エネルギー】は天敵です。

ふうせん ハイドあくエネルギー
※画像はズーム可能

どちらも逃げエネを軽減してしまい、「くさむすび」の火力が下がってしまいます。

その為、「ふうせん」は【レパルダスV】の特性「かくしヅメ」や「ツールジャマ―」、【ハイド悪エネルギー】は【うねりのおうぎ】で的確に除去していきましょう。

レパルダスV うねりの扇
※画像はズーム可能

火力が出せなければジリ貧になってしまう事は明らかな為、素早く対応していくことが最重要となります。

有利不利なデッキや対策
ミュウVMAX リーフィアVMAX
※画像はズーム可能

【ミュウVMAX】デッキを非常に苦手としています。

【ミュウVMAX】は元々の逃げエネが0で、ガラル鉱山を場に出したとしても120打点しか出ず苦しい戦いとなってしまいます。

「ダイリーフ」で戦ってもいいのですが、このデッキの構築上一体の【リーフィアVMAX】に三個のエネルギーを付けてしまうと二体目の【リーフィアVMAX】が育ち切らず、結局押し切られてしまいます。非常に苦手な対面だと言えるでしょう。

アルセウス&ディアルガ&パルキアGX ガラルファイヤーV
※画像はズーム可能

【アルセウス&ディアルガ&パルキアGX】主体の三神デッキには有利に戦えます。

【アルセウス&ディアルガ&パルキアGX】は逃げエネが3でHPが280の為、場にガラル鉱山を貼った状態で「くさむすび」を使えば300打点出すことが出来一撃で倒すことが可能です。

尚且つ採用されていることの多い【ガラルファイヤーV】は草弱点の為、楽に戦うことのできるマッチアップだと言えるでしょう。

フュージョンアーツ環境での立ち位置
ミュウVMAX アルセウス&ディアルガ&パルキアGX
※画像はズーム可能

【ミュウVMAX】デッキが多い環境の為、非常に苦手なデッキタイプが多い環境である以上苦しい環境だと言わざるを得ません。

勿論【アルセウス&ディアルガ&パルキアGX】デッキの様な有利対面もありはしますが、非常に苦手とするデッキタイプが多い環境で高い勝率を維持するのは難しいということの想像は容易いでしょう。

ポテンシャルは十分ありますが、厳しい環境である為勝ち切れないことが多いかと思います。

ジムバトル優勝/シティーリーグ優勝~BEST4デッキ

バトルリージョン環境

スターバース環境

フュージョンアーツ環境