いちげきウーラオスVMAXデッキレシピまとめ【最新ポケカ環境】

この記事を書いた人

K-五十嵐

ジムバトル優勝経験多数、PTCGOドはまり、現在は親子でもっぱらポケカ。

当サイトオリジナルデッキデッキ

今回ポケカSTARTでは、いちげきウーラオスVMAXのデッキレシピ(デッキリスト)をご紹介致します。

デッキの内容は当然ながら、使い方や改造方法など初心者にも分かりやすく徹底的に解説しています。また、現環境に対しての対策などもお伝えしております。是非参考にしてみてください。

バトルリージョン環境

スターバース環境

フュージョンアーツ環境

いちげきウーラオスVMAX・ブラッキー型

基本デッキレシピ(デッキリスト)

いちげきウーラオスVMAX

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
いちげきウーラオスVMAX ブラッキーVMAX ヘルガー
※画像はズーム可能

「キョダイイチゲキ」で270点を出すことができ、相手のVMAXを一撃で倒すことのできる【いちげきウーラオスVMAX】、「ダークシグナル」で相手のベンチのポケモンを前に呼び出すことのできる【ブラッキーVMAX】、「いちげきのほうこう」で場のいちげきポケモンにエネルギーを加速できる【ヘルガー】の3枚を軸としたデッキ。

「いちげきのほうこう」によって場に持って来ることのできる【いちげきエネルギー】は1枚につき+20点技の威力を上げることができ、「キョダイイチゲキ」の火力を最大350点まで引き上げることが可能です。

尚且つ「キョダイイチゲキ」は相手のポケモンにかかっている効果を計算しない為、【ジュナイパー】の特性「みつりんめいさい」も貫通します。

とにかく攻撃的で、相手に何もさせないまま勝利を目指すことのできるデッキです。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
いちげきウーラオスV ブラッキーV
※画像はズーム可能

まずは1ターン目で、【デルビル】、【いちげきウーラオスV】、【ブラッキーV】の3種類のポケモンを展開することを意識します。

特に【デルビル】は重要で、2ターン目で【ヘルガー】を複数体起動できれば、2ターン目から「キョダイイチゲキ」に繋げることも容易くなります。なので、1ターン目には【あくのとう】や【デデンネGX】、【クロバットV】を使い、手札をどんどん補充することを意識しましょう。

気を付けなければならないこととして、「いちげきのほうこう」によって【いちげきエネルギー】を場のポケモンに付けると、20点のダメージを負ってしまいます。

それによって自分のポケモンが倒されやすくなる為、相手のポケモンの最大火力を加味して「いちげきのほうこう」を使うようにしましょう。

また、「キョダイイチゲキ」は大きな火力を出すことのできる代わりに、【いちげきウーラオスVMAX】についている全てのエネルギーをトラッシュしなければいけません。

【活力の壺】で【いちげきエネルギー】を山に戻すことが出来るので、山札に残っている【活力の壺】の枚数を加味して技選択を行いましょう。

あえて「せいけんづき」を使い、相手のポケモンを二回攻撃して倒すプランを取ることも時には必要です。相手のバトルポケモンがベンチに逃げたとしても、【ブラッキーVMAX】の「ダークシグナル」を使うことでバトル場に呼び出し、倒していきましょう。

相手のデッキによっては、【いちげきウーラオスVMAX】ではなく【ブラッキーVMAX】で戦うことも視野に入れます。

【いちげきウーラオスVMAX】は超弱点、【ブラッキーVMAX】は草弱点のため、場合によってアタッカーを使い分けて戦っていきましょう。

有利不利なデッキや対策
ムゲンダイナVMAX れんげきウーラオスVMAX ミュウ
※画像はズーム可能

このデッキは、闘ポケモンの【いちげきウーラオスVMAX】、悪ポケモンの【ブラッキーVMAX】、二体のアタッカーが共存しています。

その為、一方的に弱点を突かれるということはほぼ無く、相手との殴り合いにおいては一歩抜きんでた力を持っています。

【ムゲンダイナVMAX】のような闘弱点を持つポケモンを主軸としたデッキに対しては【いちげきウーラオスVMAX】で、【ミュウVMAX】のような悪弱点を持つポケモンを主軸としたデッキに対しては【ブラッキーVMAX】で戦える為、闘もしくは悪弱点のポケモンを軸にしたデッキには基本的に有利を取ることができます。

もちろん苦手なデッキも存在します。【れんげきウーラオスVMAX】を主体としたデッキは特に苦手で、早いターンで「キョダイレンゲキ」によって自分の場の【デルビル】や【ヘルガー】を倒されてしまうと、次のターンに攻撃することが難しくなってしまいます。

【れんげきウーラオスVMAX】が見えたら即座に「ベンチバリア」を持つ【ミュウ】を展開し、自分の場のポケモンを守るようにしましょう。

フュージョンアーツ環境での立ち位置
ミュウVMAX こくばバドレックスVMAX
※画像はズーム可能

現状、【れんげきウーラオスVMAX】のシェア率は決して高くありません。反面【ミュウVMAX】を主体としたデッキ、【こくばバドレックスVMAX】を主体としたデッキのシェア率は非常に高く、このデッキにとっては追い風であると言えるでしょう。

ただし、闘弱点を持つポケモンを主体としたデッキは現状多くない為、【いちげきウーラオスVMAX】の出番はあまり多くないでしょう。環境次第で輝くデッキ、という評価が適切です。

ジムバトル優勝/シティーリーグ優勝~BEST4デッキ

バトルリージョン環境

スターバース環境

フュージョンアーツ環境