フュージョンラティオスデッキレシピまとめ【最新ポケカ環境】

この記事を書いた人

K-五十嵐

ジムバトル優勝経験多数、PTCGOドはまり、現在は親子でもっぱらポケカ。

当サイトオリジナルデッキ

今回ポケカSTARTでは、フュージョンラティオスのデッキレシピ(デッキリスト)をご紹介致します。

デッキの内容は当然ながら、使い方や改造方法など初心者にも分かりやすく徹底的に解説しています。また、現環境に対しての対策などもお伝えしております。是非参考にしてみてください。

バトルリージョン環境

スターバース環境

フュージョンアーツ環境

フュージョンラティオス

基本デッキレシピ(デッキリスト)

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
ラティアス ラティオス
※画像はズーム可能

【ラティオス】と【ラティアス】、二種類のアタッカーを使い分け戦うデッキ。【ミュウVMAX】主体のフュージョンデッキと同じように【ゲノセクトV】の特性「フュージョンシステム」によって大量ドローを行え、安定して戦うことのできるデッキとなっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
ゲノセクトV
※画像はズーム可能

【ゲノセクトV】を複数体展開しドローを進めながら、【ラティオス】と【ラティアス】を場に展開します。

この二種類のアタッカーは役割が異なってくる為、適切な使い分けが必須となってきます。また、お互いがお互いにエネルギーを加速できる特性を持っている為、二体同時に展開する事も忘れてはいけないでしょう。

【ラティオス】は技「ラスターパージ」を持っており、210打点を出すことが可能です。このデッキのメインアタッカーとして運用することになるでしょう。特性は「ブルーアシスト」、自分の手札から超エネルギーを1枚選び、自分の【ラティアス】につけることができる特性となっています。

【ラティアス】は技「ダイナバリア」を持っており、打点は70と控えめですが次の相手の番にVMAXポケモンから技のダメージを受けなくなることができるようになります。

【ラティアス】は、相手のVMAXポケモンを止める為に使用することになるでしょう。特性は「レッドアシスト」、自分の手札から超エネルギーを1枚選び、自分の「ラティオス」につけることができ、「ブルーアシスト」と対になった特性となっています。

ラティアス ラティオス
※画像はズーム可能

【ラティオス】が「ラスターパージ」を使う為には、水エネ二個、超エネ一個、無色エネ一個の計四個エネルギーが必要となります。

「レッドアシスト」と手貼りによって2エネは確保することが出来ますが、水エネ二個を1ターンで用意することは中々難しくなってくるでしょう。

ですので、【ターボパッチ】や【カミツレのきらめき】を使い、エネルギーを確保し攻撃に移る事を目指しましょう。

ターボパッチ カミツレのきらめき
※画像はズーム可能

ただし、そう何度もできるようなことではないということもありますので、【ラティアス】などを間に挟みながら戦っていきましょう。

【ゲノセクトV】自体が優秀なドローソースになる為、かなり安定して回すことが可能になっているデッキと言えます。

フュージョンアーツ環境

有利不利なデッキや対策
アルセウス&ディアルガ&パルキアGX こくばバドレックスVMAX
※画像はズーム可能

【アルセウス&ディアルガ&パルキアGX】主体の三神デッキが非常に苦手なデッキタイプとなっています。

「オルタージェネシスGX」のサイド獲得数+1によって非ルールポケモン特有のサイドレースの優位性を保つことが出来ず、安定して毎ターン攻撃することが出来るデッキの為素早くサイドを取り切られてしまいます。

また、【ラティアス】の「ダイナバリア」も意味を成さず、一方的に試合が終わるワンサイドゲーム展開に持ち込まれることが多いでしょう。非常に苦手なデッキタイプとなっています。

【こくばバドレックスVMAX】デッキのような、VMAXポケモンをメインアタッカーとして採用しているデッキに対しては非常に有利に戦うことが出来るでしょう。

「ダイナバリア」の刺さりが良く、ベンチで【ラティオス】を安心して育てることが出来るようになります。サイドレースでも優位性を保つことが出来る為、有利なデッキタイプだと言えるでしょう。

「ダイナバリア」の刺さり方次第で有利不利が左右される、という特性を持っているデッキと言って良いでしょう。

フュージョンアーツ環境での立ち位置
ミュウVMAX アルセウス&ディアルガ&パルキアGX
※画像はズーム可能

環境上位である【ミュウVMAX】デッキ、【アルセウス&ディアルガ&パルキアGX】デッキに不利なデッキである以上、環境の立ち位置としては非常に悪くなっています。

勿論VMAXポケモン主体のデッキが多く存在してはいますが、【はくばバドレックスVMAX】デッキに【スイクンV】が採用されているように、VMAXポケモンだけで戦うデッキは少数派となっています。

「ダイナバリア」が安定して刺さる環境になれば結果を残すことのできるデッキだと言えるでしょう。

ジムバトル優勝/シティーリーグ優勝~BEST4デッキ

バトルリージョン環境

スターバース環境

フュージョンアーツ環境