スタートデッキ100・NO21~NO30デッキリストまとめ

スタートデッキ100

この記事を書いた人

K-五十嵐

ジムバトル優勝経験多数、PTCGOドはまり、現在は親子でもっぱらポケカ。

はじめに

今回ポケカSTARTでは、スタートデッキ100のデッキリスト(カードリスト)をご紹介致します。

デッキの内容は当然ながら、使い方や改造方法など初心者にも分かりやすく徹底的に解説しています。是非参考にしてみてください。

スタートデッキ100・NO21|ダメカンばらまきネクロバナデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

【フシギバナV】、【ネクロズマV】2体のVポケモンが採用されており、同じく採用されている【ニャオニクス】で自分の場のダメカンを相手の場に移しながら戦うデッキ。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
ネクロズマV
※画像はズーム可能

まずは【ネクロズマV】を前に出して戦っていきましょう。

【ネクロズマV】はわざ「プリズムレイ」を持ち、このわざは素点20に加え「相手のベンチポケモン2匹にも、それぞれ20ダメージ。

[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。」というテキストを持ちます。

超エネルギー1個で使える上に3体にダメージを与えられ、後述する【ニャオニクス】と相性の良いわざとなっています。

【ネクロズマV】のもう一つのわざ、「スペシャルレーザー」も忘れてはいけません。

このわざは、素点100に加え「このポケモンに特殊エネルギーがついているなら、120ダメージ追加」というテキストを持ちます。

特殊エネルギーを付けるだけで220ダメージ出すことが出来、「プリズムレイ」でダメージを刻みながら戦い、用意が出来たら「スペシャルレーザー」で相手を倒す。

このプランは非常に強力で、尚且つエネルギーさえあれば簡単に達成できる容易なものとなっています。

【ネクロズマV】はこのデッキのエースアタッカーとなる為、積極的にこのプランを狙っていきましょう。

【ニャオニクス】は、特性『イヤームーブ』を持つポケモンです。

この特性は、「自分の番に1回使える。自分の場のポケモンにのっているダメカンを1個選び、相手の場のポケモンにのせ替える」というもので、少し打点が足りない、という場合に重宝するでしょう。

この『イヤームーブ』は、特に【ネクロズマV】の「プリズムレイ」とは相性が良いものとなっています。

「プリズムレイ」2回で相手のHP50のポケモンに40ダメージを与え、そのポケモンに「イヤームーブ」でダメカンを乗せ気絶させながら【ネクロズマV】の「スペシャルレーザー」でバトル場のポケモンを倒す、という1ターンでサイドを複数取りするプランを取る事が可能です。

自分の場のポケモンの回復も同時に行え、非常に強力なコンボと言えるでしょう。

まずは【ネクロズマV】をバトル場に出し、「プリズムレイ」を使っていきます。

その間に【ニャオニクス】を用意し、準備が出来たら『イヤームーブ』と「スペシャルレーザー」で相手の場を瓦解させてしまいましょう。

このプランを通すことが最も勝利への近道となる為、意識しながらデッキを回しましょう。

ネクロズマV
※画像はズーム可能
ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO22|決めろねらいうちコンボデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
ケケンカニV
※画像はズーム可能

【アップリューV】、【ケケンカニV】、【ムーランドV】三体のVポケモンが採用されているデッキ。

同じく採用されている【ブロスター】でベンチのポケモンにダメージを与えながら、【ケケンカニV】による大ダメージ、【ムーランドV】によるサイド獲得枚数増加を狙っていくことが可能となっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

このデッキは、基本的にどのポケモンからスタートしたとしても上手く立ち回ることが可能です。

特に、【ブロスター】と【ケケンカニV】・【ムーランドV】のコンボは強力で、難易度も高くなく扱いやすいものとなっています。

【ブロスター】はわざ「ねらいうち」を持っており、このわざは「相手のベンチポケモン1匹に、50ダメージ。

[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。

]」というシンプルなベンチ狙撃わざとなっています。

あらかじめダメージを与えておくことにより、後述するコンボに繋げやすくなります。

わざを使う為に必要なエネルギーも水エネルギー1個と扱いやすく、そこまで難しいものではない為、積極的に「ねらいうち」を使っていきましょう。

【ケケンカニV】は、「デストロイヤーパンチ」というわざを持っています。

このわざは、素点90に加え「相手のバトルポケモンにのっているダメカンの数×60ダメージ追加」というテキストを持っており、ダメカンが4個以上乗ってさえいればほぼすべてのポケモンを一撃で倒すことが可能です。

【ブロスター】の「ねらいうち」と併せ、相手のエースアタッカーを一撃で倒してしまいましょう。

【ムーランドV】は、「おかわりファング」というわざを持ちます。

このわざは「このワザのダメージで、相手のたねポケモンがきぜつしたなら、サイドを1枚多くとる」というわざで、相手が非ルールポケモンであっても強制的にサイドを2枚獲得できてしまいます。

「ねらいうち」と併せることで㏋90のたねポケモンまで倒すことが可能となる為、非常に強力なコンボとなっています。

まずは【ブロスター】の「ねらいうち」で倒したいポケモンにダメージを与えておき、【ケケンカニV】の「デストロイヤーパンチ」、【ムーランドV】の「おかわりファング」に繋げる。

基本的なプランはこれだけです。

どちらのコンボも非常に強力な為、盤面の状況次第で特に相手に負荷をかけられるコンボを選択しながらデッキを回していきましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO23|全回復モミアーマーガアデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

【アーマーガアVMAX】で戦いながら、【ドータクン】の特性『メタルトランス』で場のエネルギーを動かしつつ柔軟に戦っていくデッキ。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
ドータクン
※画像はズーム可能

まずはこのデッキの要である【ドータクン】と【アーマーガアVMAX】を場に立てることを意識しましょう。

これらを用意できればデッキの回しやすさが段違いに変わってきます。

最優先でこの2種類のポケモンを場に用意していきましょう。

このデッキの構築上エネルギー加速手段が乏しく、相手よりも攻撃速度で劣るケースが目立ってしまうでしょう。

その為、まずはバトル場に【ルチャブル】を出していきましょう。

【ルチャブル】は、わざ「アピールポーズ」を持っています。

このわざは、無色エネルギー1個で使え、「自分のトラッシュから基本エネルギーを2枚まで選び、ベンチポケモン1匹につける」というわざです。

また、このデッキに採用されている唯一のエネルギー加速手段でもあります。

また、【ルチャブル】は非ルールポケモンの為、一体倒されたとしてもそこまでこちらのプランは崩れません。

壁という意味でも非常に優秀な為、積極的に前に出していきましょう。

【ルチャブル】を前に出しエネ加速を行っている間に、ベンチに【アーマーガアVMAX】と【ドータクン】を用意します。

用意が出来たら【アーマーガアVMAX】を前に出し、戦っていきましょう。

【ドータクン】の特性『メタルトランス』は、「自分の番に何回でも使える。

自分の場のポケモンについている鋼エネルギーを1個選び、自分の別のポケモンにつけ替える」というものです。

アタッカーがダメージを受けてしまい交代を行いたい場合などで活用していきましょう。

また、【モミ】を絡めたコンボにも使用することが可能です。

【モミ】は、「自分の進化ポケモン全員のHPを、すべて回復する。

その後、回復したポケモンについているエネルギーを、すべてトラッシュする」というサポートです。

エネルギーをトラッシュするという部分を、【ドータクン】の特性『メタルトランス』で補うことが可能となっています。

【アーマーガアVMAX】が傷ついたら『メタルトランス』でエネルギーを動かし、【モミ】で回復しエネルギーを元に戻す。

相手の攻撃回数を増やす為にも、積極的に狙っていきましょう。

【アーマーガアVMAX】と【ドータクン】を用意し、【モミ】を絡めたコンボで相手に負荷をかける。

上手く耐久しながらデッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO24|非ルール高火力ボスゴドラデッキデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

【メタグロスV】と【パルスワンV】、非ルールポケモンとしてはトップクラスの火力を出せる【ボスゴドラ】が入ったデッキ。

いかに【ボスゴドラ】を用意できるかがカギになってきます。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

このデッキにおいて、最大火力を出せるポケモンは【ボスゴドラ】です。

しかし、エネルギー要求が重く2進化ポケモンの為場へ出すことが容易ではない、というデメリットを抱えています。

その為まずは【メタグロスV】や【パルスワンV】などのエネ要求の軽いわざを使えるポケモンで戦いながら対戦プランを組み立てていきましょう。

【メタグロスV】は、「バレットパンチ」鋼エネルギー1個要求、素点20「コインを2回投げ、オモテの数×20ダメージ追加」というわざと、「シンクロハンマー」鋼エネルギー1個無色エネルギー1個要求、素点60「このポケモンと相手のバトルポケモンについているエネルギーの数が同じなら、90ダメージ追加」というわざを持っています。

【パルスワンV】は、「スマッシュターン」雷エネルギー1個要求、素点30「のぞむなら、このポケモンをベンチポケモンと入れ替える」というわざと、「エレキバレット」雷エネルギー2個無色エネルギー1個要求、素点120「相手のベンチポケモン1匹にも、30ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。」というわざを持っています。

序盤はどちらのVポケモンを使っても問題ありません。

徐々に相手に攻撃しながら、Vポケモン特有の高い耐久力を活かして時間を稼ぎましょう。

その間にベンチで【ボスゴドラ】を用意し、チャンスを伺っていきます。

【ボスゴドラ】は、「ちきゅうわり」というわざを持っています。

このわざは合計4エネ要求と重く、「自分のポケモン全員にも、それぞれ30ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]」というデメリットを持っていますが、240ダメージを相手に与えることが出来ます。

Vポケモンであっても一撃で倒すことの出来る火力の為、相手のエースポケモンを一撃で倒してしまいましょう。

ただし、何回も使うと自分の場にダメカンが溜まってしまう為、使い過ぎには気を付けましょう。

エネ要求の軽いVポケモンで戦いながら、エースアタッカーである【ボスゴドラ】を用意し勝負を決める。

このメインプランを意識しながらデッキを回しましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO25|かわいいだけじゃないびりびりパーティデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

【ピカチュウV】を高火力アタッカーとして据えながらも、【プラスル】や【ライチュウ】などの非ルールポケモンだけでも十分戦えるような構築となっているデッキ。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

このデッキにおいて気を付けないといけないことは、【ピカチュウV】を場に素早く出さない、ということです。

【ピカチュウV】は、「ライトニングボム」素点100「のぞむなら、このポケモンについている雷エネルギーを、すべてトラッシュする。

その場合、120ダメージ追加」というわざを持っており、最大220ダメージを相手に与えることが可能です。

【ピカチュウV】は高火力を出せるポケモンで非常に強力なのですが、このデッキにおいてのエースアタッカーは、【ライチュウ】が担っています。

そして、後述する【ライチュウ】のわざの特性上【ピカチュウV】との噛み合いが非常に悪いものとなってしまっている為、場に出すとしても終盤の締めだけに止めておきましょう。

【ライチュウ】は、「ビッグスパーキング」というわざを持っています。

このわざは雷エネルギー1個で使え、「おたがいの場の「ポケモンV・GX」全員に、それぞれ50ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]」というわざです。

相手の場にV・GXポケモンがいればいるほど大きなダメージを与えることが可能となっており、2体いれば100、3体いれば150ダメージと、要求エネの軽さに見合わない優秀なわざとなっています。

前述した【ピカチュウV】との噛み合いの悪さというのは、この「ビッグスパーキング」によるものです。

【ピカチュウV】自体がVポケモンの為、「ビッグスパーキング」のダメージを受けてしまいます。

しかも【ピカチュウV】のHPは190の為、「ビッグスパーキング」4回できぜつしてしまいます。

自分の番に自分のポケモンがきぜつし相手にサイドを与えてしまう、というのがいかに無駄で勿体ない事かは想像に容易いでしょう。

ただ、【ピカチュウV】の火力は侮れません。

【ライチュウ】によって削った相手のVMAXポケモンを、【ピカチュウV】の「ライトニングボム」で倒し切って勝つ、というようなプランを取る為であれば場に出し、勝利を目指しましょう。

【ライチュウ】を最優先に展開し「ビッグスパーキング」で相手のV・GXポケモンを削る。

終盤に【ピカチュウV】を出し「ライトニングボム」でトドメ。

このプランが最も強力な為、この流れを意識してデッキを回しましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO26|育ち切った相手を狩れエーフィVMAXデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

エースアタッカーである【エーフィVMAX】を場に用意しながら、【アブリボン】や【ルージュラ】などの相手を妨害出来るポケモンを上手く使い、相手の場にエネルギーが溜まり切ったタイミングで【エーフィVMAX】を場に出し高火力を出すことを目指すデッキ。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

このデッキのエースアタッカーは【エーフィVMAX】ですが、序盤ではあまり使いません。

他に優秀なわざを持つポケモンが多く収録されている為、まずはそれらのポケモンから戦っていきましょう。

【アブリボン】は相手のバトルポケモンの育成を妨害できるポケモンです。

わざ「トリックステップ」は素点30で「のぞむなら、相手のバトルポケモンについているエネルギーを1個選び、相手のベンチポケモンにつけ替える」というテキストを持っています。

相手の盤面にいるあまり強くないポケモンにエネルギーを移し、時間を稼ぎましょう。

相手の盤面にエネルギーが溜まるほど【エーフィVMAX】の火力が上がっていく為、非常に相性の良いポケモンだと言えます。

手札が苦しいのであれば、【ルージュラ】をバトル場に出しましょう。

このポケモンは「ダブルドロー」というわざを持ち、「自分の山札を2枚引く」という効果を持ちます。

※画像はズーム可能

デメリットが無くエネ要求も軽いわざの為、上手く活用しましょう。

もう一つのわざ「げんわくダンス」は素点30で「相手のバトルポケモンをこんらんにする」という効果を持つため、時間稼ぎにも最適です。

2つの優秀なわざを持つポケモンである、ということを必ず覚えておきましょう。

【エーフィVMAX】は、わざ「ダイサイコ」を持っています。

このわざは「相手の場のポケモンについているエネルギーの数×60ダメージ」というわざで、相手の場が育てば育つほど火力が出るようになっています。

序盤ではあまり活躍しないかとは思いますが、終盤になればなるほど強力なポケモンとなる為、中盤から終盤にかけて育成しておくことを怠らないようにしましょう。

序盤は【アブリボン】や【ルージュラ】で相手の盤面を妨害しながら戦いましょう。

その間に【エーフィVMAX】を用意し、相手の盤面にエネルギーが溜まるのを焦らず待ちます。

【エーフィVMAX】が十分に火力を出せる状況を作り上げることが出来たら、「ダイサイコ」で相手のポケモンを倒し勝利を目指しましょう。

※画像はズーム可能
ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO27|最強の矛と盾シュバルゴ&オノノクスデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

【ボスゴドラV】と【ルガルガンV】、2体のVポケモンが採用されており、相手のVポケモンから受けるわざのダメージをマイナス100できる【シュバルゴ】、2個のエネルギーで160ダメージを出せる【オノノクス】と、攻守ともにバランスの良いデッキ。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

基本的に、どのポケモンから入っても問題ありません。

ただし、もし余裕があるのであれば【カブルモ】か【キバゴ】から入るようにしましょう。

どちらも進化先が優秀な為、扱いやすいかと思います。

【キバゴ】は、わざ「ちょうしんか」を持ち、これは「コインを1回投げオモテなら、自分の山札から「オノノクス」を1枚選び、この「キバゴ」にのせて進化させる。

そして山札を切る」という効果を持ちます。

特に失敗してもデメリットが無く、成功した場合は素早くアタッカーの【オノノクス】を育てられる為積極的に使って問題ありません。

【オノノクス】は、「ワイルドアックス」というわざを持ちます。

「このポケモンにも30ダメージ」というデメリットはありますが、闘エネルギー1個鋼エネルギー1個合計2個のエネルギーで使え160ダメージ与えることができる優柔なわざとなっています。

【キバナ】のエネルギー加速と組み合わせれば1ターンで起動も可能な為、上手く活用しましょう。

【シュバルゴ】は、わざ「ロングスピア」を持ち、このわざは素点90で「相手のベンチポケモン1匹にも、30ダメージ。ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。」というテキストを持ちます。

鋼エネルギー1個無色エネルギー2個要求とそこまで使いやすい技ではありませんが、このポケモンの真価は特性にあります。

【シュバルゴ】は、特性『きせきのよろい』を持ち、「このポケモンが相手の「ポケモンV」から受けるワザのダメージは「-100」される」という特性です。

V・VMAXポケモンに対して無類の防御力を誇り、壁役としても非常に優秀なポケモンとなっています。

盾の【シュバルゴ】、矛の【オノノクス】。

2体のポケモンを上手く使って立ち回りましょう。

このデッキは非ルールポケモン主体で十分に戦えます。

相手がVポケモンメインで戦ってくるデッキでも問題なく戦えますので、落ち着いて焦らず【シュバルゴ】と【オノノクス】を用意することを意識してデッキを回しましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO28|カウンターを狙えウルガモスバオッキーデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

【バオッキーV】、【ウルガモスV】が採用されており、同じく採用されている【エースバーン】と組み合わせることで終盤にかけて強さを増していくデッキ。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

まずは【バオッキーV】から入る事が最も好ましい展開だと言えるでしょう。

【バオッキーV】はわざ「はじけるちから」を持ち、これは炎エネルギー1個で使え、素点20かつ「のぞむなら、自分の手札から基本エネルギーを2枚まで選び、自分のポケモンに好きなようにつける」というテキストです。

一体で場のエネルギーの加速を行え、Vポケモン特有の耐久力の高さを持つため複数回「はじけるちから」を使うことが出来るかと思います。

逆を言えばこのポケモン以外でのエネ加速手段が存在しない為、積極的に【バオッキーV】をバトル場に出していきましょう。

戦いを進める中で、トラッシュにエネルギーが溜まっていくかと思います。

本来であればトラッシュにエネルギーが多い事によるメリットは少なく、むしろ攻撃できる回数が減る為デメリットの方が多いでしょう。

しかし、このデッキにおいては【ウルガモスV】が採用されている為、トラッシュにエネルギーが溜まる事は大きなメリットになり得ます。

【ウルガモスV】は、わざ「さかまくほのお」を持ちます。

このわざは素点20で「自分のトラッシュにある基本エネルギーをすべて相手に見せ、その枚数×20ダメージ追加。

その後、見せたエネルギーを山札にもどして切る」というわざで、トラッシュにエネルギーがあればあるほど火力が上がっていきます。

状況次第ではVMAXポケモンでさえ一撃で倒すことが出来る為、上手く使っていきましょう。

【エースバーン】は、「ひのたまシュート」というわざを持ちます。

素点150で「次の自分の番、このポケモンはワザが使えない」という、あまり強いわざではありません。

しかし、このポケモンは特性「かじばのパワー」を持ちます。

この特性は「このポケモンが使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージは、相手がすでにとったサイド1枚につき「+30」される」という特性で、サイドが取られているほど火力が向上します。

最大300ダメージを与えることも可能な為、終盤において非常に強いポケモンだと言えるでしょう。

【バオッキーV】で場のポケモンにエネルギーを付けながら戦い、トラッシュにエネルギーが溜まったら【ウルガモスV】、相手がサイドを多くとっていたら【エースバーン】と、終盤にかけて猛攻を仕掛ける、いわゆるカウンター戦術を意識してデッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO29|本物はどっち?ピカチュウ&ミミッキュデッキデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
ミミッキュV
※画像はズーム可能

【ピカチュウV】と【ミミッキュV】、2体のVポケモンが採用されているデッキ。

【ミミッキュV】の特性を上手く使って立ち回りながら戦うことが求められます。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
ミミッキュV
※画像はズーム可能

このデッキにおけるエースアタッカー【ピカチュウV】は、わざ「ライトニングボム」を持ちます。

このわざは、「のぞむなら、このポケモンについている雷エネルギーを、すべてトラッシュする。

その場合、120ダメージ追加」というわざで、220ダメージを与えることが可能となっています。

ただし、雷エネルギー2個無色エネルギー1個と要求エネルギーが多く、連発できるわざではありません。

エネルギー加速手段を上手く使う、壁役のポケモンを前に出し時間稼ぎをするなど、周りのポケモンを上手く使っていきましょう。

【ピカチュウV】が「ライトニングボム」を使いエネルギーが乏しくなったら、【ルチャブル】を前に出していきましょう。

このポケモンはわざ「アピールポーズ」を持ち、このわざは「自分のトラッシュから基本エネルギーを2枚まで選び、ベンチポケモン1匹につける」というテキストを持ちます。

【ピカチュウV】がトラッシュしたエネルギーを即座に有効活用でき、非ルールポケモンの為倒されたとしてもダメージが小さく、非常に優秀なポケモンだと言えるでしょう。

相手に隙があれば複数回「アピールポーズ」を決め、自分の場を整えてしまいましょう。

終盤になりサイドを相手が何枚か取っている状況になったら、【ミミッキュV】を場に出していきましょう。

このポケモンは特性『ダミードール』を持ち、「自分の番に、このカードを手札からベンチに出したとき、1回使える。

次の相手の番の終わりまで、この「ミミッキュV」は、相手のポケモンからワザのダメージを受けない」という効果を持ちます。

つまり、1ターン無敵になれるということです。

また、【ミミッキュV】はわざ「うらやむひとみ」を持ちます。

このわざは「相手がすでにとったサイドの枚数×3個ぶんのダメカンを、相手のバトルポケモンにのせる」というわざで、最大15個のダメカンを相手のバトルポケモンに乗せることが出来ます。

終盤における壁役と攻撃役を兼ねることが出来るため、このポケモンを序盤で無駄遣いしないように気を付けましょう【ピカチュウV】で戦いながら【ルチャブル】でエネルギー加速を行い、終盤に【ミミッキュV】を出し相手に押し付ける。

この流れを意識しデッキを回しましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO30|舐めてたら大やけどブースタールカリオデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

【ブースターV】と【ルカリオV】、2体のポケモンが採用されているデッキ。

【マルヤクデ】の特性により相手のやけどを回復しづらい状況にさせ、ダメージを蓄積させていくことが可能となっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

まずは【ブースターV】をバトル場に出していきましょう。

このポケモンはわざ「もえるいぶき」を持ちます。

このわざは無色エネルギー1個で使え、素点20で「自分の山札から炎エネルギーを1枚選び、このポケモンにつける。そして山札を切る」というテキストを持ちます。

このポケモン一体でエネ加速が行え、バトル場に出すだけでアタッカーの準備が整います。

積極的に前に出していきましょう。

もう一つのわざ「しゃくねつのはしら」は素点120で、「相手のバトルポケモンをやけどにする」というテキストです。

やけどは、ポケモンチェック時に20ダメージを負わせることができる状態異常で、このわざは実質140ダメージを与えることが可能です。

やけどはポケモンチェックの際にコインを投げ表なら回復しますが、裏なら回復しません。

相手のバトルポケモンに大きなダメージを与えられることは間違いないでしょう。

相手のバトルポケモンをやけど状態にさせる際に、【マルヤクデ】を上手く活用しましょう。

このポケモンは特性『オーバーヒーター』を持ち、この特性は「このポケモンがいるかぎり、相手のやけどのポケモンは、ポケモンチェックのときに投げるコインがオモテでも、やけどは回復しない」というものです。

つまり、やけどにさえしてしまえば相手は逃げるなどを行わない限り回復することができず、ダメージを大きく蓄積させることができるでしょう。

【ブースターV】で戦っている間に素早く【マルヤクデ】を立て、相手に苦しい動きを押し付けましょう。

【ブースターV】や【エンテイ】など、相手のバトルポケモンをやけどにさせることが出来るわざを持つポケモンで戦いながら【マルヤクデ】を用意し、『オーバーヒーター』によってやけどを回復し辛くさせる。

途中で【クラッシュハンマー】や【いかついメット】などの相手の妨害もしながら戦うことによって、相手の対抗手段をことごとく潰してしまいましょう。

相手にやけど状態を押し付け続ける、ということを意識してデッキを回しましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら