スタートデッキ100・NO61~NO70デッキリストまとめ

スタートデッキ100

この記事を書いた人

K-五十嵐

ジムバトル優勝経験多数、PTCGOドはまり、現在は親子でもっぱらポケカ。

はじめに

今回ポケカSTARTでは、スタートデッキ100のデッキリスト(カードリスト)をご紹介致します。

デッキの内容は当然ながら、使い方や改造方法など初心者にも分かりやすく徹底的に解説しています。是非参考にしてみてください。

スタートデッキ100・NO61|正義の鉄拳ルカリオウーラオスデッキ

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
いちげきウーラオスV
※画像はズーム可能

【ルカリオV】、【いちげきウーラオスV】2体のVポケモンから構成された、格闘ポケモン主体のデッキ。

【ハリテヤマ】の『こんじょう』、【オトスパス】の『しめわざのたつじん』と粘り強く戦えるギミックも採用されています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
いちげきウーラオスV
※画像はズーム可能

【ルカリオV】、【いちげきウーラオスV】の2体のVポケモンは攻撃するための要求エネルギーが重くなっています。

その為、序盤は【ルチャブル】を前に出せるとスムーズにエネルギーを用意することができるでしょう。

【ルチャブル】は、わざ「アピールポーズ」を持ちます。

このわざは「自分のトラッシュから基本エネルギーを2枚まで選び、ベンチポケモン1匹につける」というもので、ベンチポケモンのエネルギー加速が可能となっています。

尚且つ「アピールポーズ」を使う為の要求エネルギーは無色エネルギー1個で軽く、非常に扱いやすくなっています。

【ハイパーボール】や【博士の研究】などでトラッシュに送ったエネルギーを有効活用できるという利点もある為、積極的に使っていきましょう。

【いちげきウーラオスV】は、「とぎすます」と「インパクトブロー」2つのわざを持っています。

「とぎすます」は「自分の山札から闘エネルギーを2枚まで選び、このポケモンにつける。

そして山札を切る」というわざで、自身のエネルギー加速が可能となっています。

要求エネルギーも闘エネルギー1個と軽い為、後攻1ターン目や先行2ターン目から素早く使っていきましょう。

「インパクトブロー」は素点180、「次の自分の番、このポケモンは「インパクトブロー」が使えない」というテキストを持つわざです。

デメリットがある為に連発は難しくなっていますが、相手に与えるダメージ量が多く「とぎすます」と組み合わせることで序盤から楽に「インパクトブロー」に繋げることも出来る為、結果的に扱いやすいわざとなってくるでしょう。

序盤は【いちげきウーラオスV】や【ルチャブル】を前に出し、「とぎすます」、「アピールポーズ」でエネルギー加速を行っていきましょう。

盤面が整うまではエネルギー加速を行い続け、準備が出来たら【ルカリオV】や【ハリテヤマ】などのポケモンを前に出し攻撃していきます。

このデッキの最大火力である「インパクトブロー」を絡めながら、相手のポケモンを倒していきましょう。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO62|むじひないちげきタチフサグマデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
ゲンガーV
※画像はズーム可能

【バシャーモV】、【ゲンガーV】2体のVポケモンが採用されているデッキ。

【タチフサグマ】も採用されており、非常に火力の高いデッキとなっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

アタッカーである【バシャーモV】や【ゲンガーV】は攻撃するためのエネルギー要求が重く、【タチフサグマ】は2進化ポケモンの為序盤は攻撃することが中々難しくなっています。

その為、序盤は【ハリーセン】を前に出して時間を稼ぎましょう。

【ハリーセン】は、特性『はれつばり』を持ち、この特性は「このポケモンが、バトル場で相手のポケモンからワザのダメージを受けてきぜつしたとき、ワザを使ったポケモンにダメカンを6個のせる」というものです。

倒されることにメリットが生じるポケモンとなっているため、壁役として非常に重宝するでしょう。

【タチフサグマ】が用意出来たら、「だまらせる」と「むじひないちげき」を使い分けながら戦っていきます。

「だまらせる」は、「相手のバトルポケモンが持っているワザを1つ選ぶ。

次の相手の番、このワザを受けたポケモンは、選ばれたワザが使えない」というテキストを持っています。

相手のわざを使えないようにすることで、相手を一方的に無効化する事さえ可能となっています。

相手のアタッカーとの殴り合いにおいても強力なわざとなってくるでしょう。

「むじひないちげき」は、素点60で「相手のバトルポケモンにダメカンがのっているなら、90ダメージ追加」というテキストを持っています。

最大で150ダメージを与えることが可能で、非ルールポケモンとしては非常に強力なわざを持っていると言えるでしょう。

また、「むじひないちげき」は前述した【ハリーセン】と非常に相性が良くなっています。

『はれつばり』によって相手のアタッカーにあらかじめダメカンを乗せておき、「むじひないちげき」に繋げることで合計210ダメージとなり、相手のVポケモンでさえ一撃で倒すことが可能となってくるでしょう。

勿論、「だまらせる」で相手のアタッカーを1ターン止めてから「むじひないちげき」に繋げるのでも構いません。

事前に上手く相手のアタッカーにダメージを与えておく、というプレイングを心掛けましょう。

序盤は【ハリーセン】を前に出し、その間に自分の場を整えていきましょう。

準備が出来たら【タチフサグマ】などのアタッカーを前に出し、戦っていきます。

【タチフサグマ】は、「だまらせる」と「むじひないちげき」を上手く使い分けながら上手く立ち回っていきましょう。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO63|堅牢な守りサダイジャジュラルドンデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

相手から受けるわざのダメージを-30できる特性を持った【サダイジャV】、特殊エネルギーが付いているポケモンからわざのダメージを受けなくなる特性を持った【ジュラルドンV】、2体のVポケモンが採用されているデッキ。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
ジュラルドンVMAX
※画像はズーム可能

序盤は【サダイジャV】を前に出し、壁にしていきましょう。

【サダイジャV】は特性『すなのぼうへき』を持ち、この特性は「このポケモンが受けるワザのダメージは「-30」される」というものです。

小さなダメージであれば無効化することが可能で、序盤の壁役として最適な性能を持つポケモンだと言えるでしょう。

【ジュラルドンVMAX】は、特性『まてんろう』を持ち、これは「このポケモンは、特殊エネルギーがついている相手のポケモンから、ワザのダメージを受けない」というものです。

特殊エネルギーを使うデッキに対しては無類の強さを誇る為、相手のポケモンを一方的に無効化することも可能となっています。

わざは「キョダイフンサイ」を持ち、このわざは素点220で「このワザのダメージは、相手のバトルポケモンにかかっている効果を計算しない」というテキストを持っています。

前述した【サダイジャV】の特性『すなのぼうへき』のような効果を無視し、そのままのダメージを与えることが可能となっています。

ただし、「キョダイフンサイ」は要求エネルギーが闘エネルギー1個鋼エネルギー2個と重く、攻撃するまでにはかなり時間がかかってしまうでしょう。

その為、【キバナ】を上手く使うことが重要となってきます。

【キバナ】は、「このカードは、前の相手の番に、自分のポケモンがきぜつしていなければ使えない。

自分のトラッシュから基本エネルギーを1枚選び、自分のポケモンにつける。

その後、自分の山札から好きなカードを1枚選び、手札に加える。

そして山札を切る」というテキストを持ったサポートカードです。

条件付きとはいえエネルギー加速を行いながら必要なカードを山札から持ってくることが出来る為、使える場面では積極的に使っていきましょう。

序盤は【サダイジャV】を壁にしながらベンチを展開していきます。

【ジュラルドンVMAX】も用意しておき、【キバナ】を絡めながらエネルギーを付けていきましょう。

【ジュラルドンVMAX】のエネルギーが用意出来たら前に出し、あとは「キョダイフンサイ」で相手のポケモンを倒してしまいましょう。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO64|狙え500ダメージブースターVMAXデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

【ブースターVMAX】を軸としたデッキ。

【ブースターVMAX】は最大500ダメージを与えることも可能で、非常に強力なポケモンとなっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

【ブースターVMAX】を場に用意することを最優先で狙っていきましょう。

【ブースターVMAX】さえ用意できれば相手のVMAXポケモンでさえ一撃で倒すことが可能になる為、素早く用意することが望まれます。

【ブースターVMAX】を用意できるまでは、周りのポケモンで戦っていきましょう。

特に【ルチャブル】が優秀で、わざ「アピールポーズ」は「自分のトラッシュから基本エネルギーを2枚まで選び、ベンチポケモン1匹につける」というテキストを持っています。

場のエネルギー加速が可能な為、アタッカーの育成が非常に楽になってくるでしょう。

また、もう1つのわざ「ふりおろす」は素点30で「相手のバトルポケモンが進化ポケモンなら、30ダメージ追加」というテキストを持ちます。

最大で60ダメージを与えることが出来、尚且つわざを使う為には無色エネルギー1個で良く、非常に扱いやすいものとなっているでしょう。

【ブースターVMAX】は、わざ「ダイバクレツ」を持ちます。

このわざは、「自分の山札を上から5枚トラッシュし、その中にあるエネルギーの枚数×100ダメージ」というもので、最大500ダメージを与えることが出来るようになっています。

ただし、「ダイバクレツ」はエネルギーをトラッシュできなければ相手に満足なダメージを与えることができません。

その為には、上手く山札の中のエネルギーの比率を上昇させる必要があります。

むやみやたらにエネルギーをトラッシュに送らないという事を意識しながら、それ以外のカードをトラッシュしていきましょう。

【エネルギーリサイクル】を使うことも忘れないようにしましょう。

このグッズは「自分のトラッシュから基本エネルギーを5枚まで選び、相手に見せて、山札にもどして切る」というもので、山札の中のエネルギーの比率を簡単に上昇させることが出来るようになっています。

終盤で上手く使い、「ダイバクレツ」の火力を上げられるようにしましょう。

【ブースターVMAX】を素早く用意し、エネルギー以外のカードを出来るだけトラッシュに送っていきましょう。

【エネルギーリサイクル】を終盤で使うなどし、山札の中のエネルギーの比率を高められるようにしながら戦っていきます。

あとは「ダイバクレツ」を使い、相手のポケモンを一撃で倒していきましょう。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO65|万全の手札補充コロトックザマゼンタデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
コロトックV
※画像はズーム可能

【コロトックV】と【ザマゼンタV】、2体のVポケモンが採用されているデッキ。

どちらも手札を補充できる特性を持つ為、特性を上手く使い手札を補充し続けながら戦っていきましょう。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
コロトックV
※画像はズーム可能

【ザマゼンタV】、【コロトックV】を場に展開する事を最優先で行っていきましょう。

【ザマゼンタV】は、特性『おうじゃのかまえ』を持ちます。

この特性は「自分の番に1回使えて、使ったなら、自分の番は終わる。

自分の手札をすべてトラッシュし、山札を5枚引く」というもので、不要なカードをトラッシュに送りながら手札を補充できる特性となっています。

番が終わるというデメリットはあるものの、手札をリフレッシュし次のターンに繋げることの出来る非常に強力な特性だと言えるでしょう。

【ザマゼンタV】は「リベンジバースト」というわざを持っており、このわざは素点120で「相手がすでにとったサイドの枚数×30ダメージ追加」というテキストを持ちます。

序盤では120しかダメージが出ませんが、最大で270ダメージを与えることが可能な、終盤になればなるほど火力が上がる非常に強力なわざとなっています。

【コロトックV】は特性『エキサイトステージ』を持ちます。

この特性は「うに、山札を引く。

このポケモンがバトル場にいるなら、4枚になるように引く。

この番、すでに別の『エキサイトステージ』を使っていたなら、この特性は使えない」というもので、無条件で手札を補充することが可能です。

デメリットが存在しない為、積極的に使っていきましょう。

わざは「シザークロス」、素点80で「コインを1回投げオモテなら、80ダメージ追加」というテキストを持っているものとなっています。

コイン次第とはいえ160ダメージを相手に与えることが出来、特性によって引けるカードの枚数が1枚増える為【コロトックV】をバトル場に出すメリットは大きいでしょう。

特性を上手く使いつつ立ち回っていきましょう。

【ザマゼンタV】と【コロトックV】を場に展開し、特性の『おうじゃのかまえ』、『エキサイトステージ』を使って手札を補充していきます。

特に序盤は【コロトックV】を前に出し、倒されたら【ザマゼンタV】で戦います。

「リベンジバースト」の火力も計算しつつ戦い、相手のVポケモンを一撃で倒してしまいましょう。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO66|豊富な1エネ要求アタッカータルップルグランブルデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

【タルップルV】、【グランブルV】2体のVポケモンが採用されているデッキ。

【オニドリル】や【スターミー】といった要求エネルギーが軽いポケモンが多く採用されているため、アタッカーを育成しやすくなっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

このデッキにはエネルギー加速手段が採用されていません。

その代わりに1個のエネルギーでわざ宣言が出来るポケモンが多く、スピーディに戦うことが可能となっています。

【スターミー】は、わざ「サイコキネシス」と「パワージェム」を持っています。

「サイコキネシス」は素点10で、「相手のバトルポケモンについているエネルギーの数×30ダメージ追加」というテキストを持ちます。

相手にエネルギーが3個付いていたら100ダメージにもなり、その上要求エネルギーが超エネルギー1個と軽く、非常に扱いやすいわざとなっています。

もう1つのわざ「パワージェム」は素点60のわざですが、これも要求エネルギーが超エネルギー1個となっています。

「サイコキネシス」で大きなダメージが与えられないなら「パワージェム」を使い、安定して相手にダメージを与え続けることが可能です。

【スターミー】などの非ルールポケモンで戦いながら、ベンチで【グランブルV】を育成しておきましょう。

【グランブルV】はわざを2つ持っており、どちらも高火力が期待できるわざとなっています。

「いかりのキバ」は素点30で、「このポケモンにのっているダメカンの数×10ダメージ追加」というテキストを持ちます。

相手からダメージを受ければ受けるほど火力が向上し、最大で230ダメージを与えることが可能です。

要求が無色エネルギー2個と比較的軽い為、扱いやすくなっています。

「ブルダッシュ」は素点190で「このポケモンにも30ダメージ」というテキストを持っています。

デメリットがある為あまり連発は出来ませんが、結果的に「いかりのキバ」の火力にも繋がり、そもそもの火力も優秀な為積極的に使っていきましょう。

序盤は【スターミー】などの要求エネが軽い非ルールポケモンで戦っていきましょう。

その間に【グランブルV】や【タルップルV】などのVポケモンの育成を進めておき、準備が完了したら前に出して戦います。

準備が整ったポケモンでその都度戦っていく、という認識で問題ありません。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO67|くらえスペシャルレーザーネクロズマダストダスデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
ネクロズマV
※画像はズーム可能

【ネクロズマV】と【ダストダスV】、2体のVポケモンが採用されているデッキ。

特性『とりひき』を持つ【レパルダス】や【ラッキーエネルギー】など手札を補充する手段が豊富なことも特徴となっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
ネクロズマV
※画像はズーム可能

このデッキにおいて、最も優先されるのは【レパルダス】の場への展開です。

このポケモンはアタッカーとしての運用は難しいのですが、特性『とりひき』が非常に優秀な為、素早く展開し後の戦いが楽になるようにしていきましょう。

【レパルダス】の特性『とりひき』は、「自分の番に、自分の手札を1枚トラッシュするなら、1回使える。

自分の山札を2枚引く」というものです。

手札を1枚トラッシュしなければならないということはあるものの、気軽に手札を補充できる非常に優秀な特性だと言えるでしょう。

積極的に使い、デッキを上手く回して行きましょう。

このデッキのメインアタッカーである【ネクロズマV】は、「プリズムレイ」と「スペシャルレーザー」2つのわざを持ちます。

どちらも非常に強力な為、場面によって上手く使い分けましょう。

「プリズムレイ」は、素点20で「相手のベンチポケモン2匹にも、それぞれ20ダメージ。

[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。

]」というテキストを持ちます。

超エネルギー1個で使え、相手のバトル場とベンチのポケモンを同時に攻撃できるわざとなっています。

「スペシャルレーザー」は、素点100で「このポケモンに特殊エネルギーがついているなら、120ダメージ追加」というテキストを持ちます。

最大で220ダメージを与えることが出来、デメリットも無い強力なわざだと言えるでしょう。

このデッキに採用されている特殊エネルギーの【ラッキーエネルギー】は、「このカードは、ポケモンについているかぎり、無色エネルギー1個ぶんとしてはたらく。

このカードをつけているポケモンが、バトル場で相手のポケモンからワザのダメージを受けたとき、自分の山札を1枚引く」というテキストです。

【ネクロズマV】に付ける事で「スペシャルレーザー」の火力が上がり、ダメージを受けた場合1枚ドローも出来、非常に強力なカードとなっています。

【レパルダス】の展開を最優先で行い、【ネクロズマV】を育成していく。

「プリズムレイ」で相手の場にダメージを蓄積しつつ【ラッキーエネルギー】を付け、準備が出来たら「スペシャルレーザー」で相手を素早く倒していきましょう。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO68|ジャングルの王者ザルードザマゼンタデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
ザルードV
※画像はズーム可能

【ザルードV】、【ジジーロンV】、【ザマゼンタV】3体のVポケモンが採用されているデッキ。

【マリィのプライド】が3枚採用されている為、エネルギー加速も非常にしやすくなっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
マリィのプライド
※画像はズーム可能

序盤は【ザマゼンタV】を最優先で場に出していきましょう。

【ザマゼンタV】は、特性『おうじゃのかまえ』を持ちます。

この特性は「自分の番に1回使えて、使ったなら、自分の番は終わる。

自分の手札をすべてトラッシュし、山札を5枚引く」というもので、不要なカードをトラッシュに送りながら手札を補充できる特性となっています。

番が終わるというデメリットはあるものの、手札をリフレッシュし次のターンに繋げることの出来る非常に強力な特性だと言えるでしょう。

また、【ザマゼンタV】のわざ「リベンジバースト」は素点120で「相手がすでにとったサイドの枚数×30ダメージ追加」というテキストを持ちます。

序盤では120しかダメージが出ませんが、最大で270ダメージを与えることが可能な、終盤になればなるほど火力が上がる非常に強力なわざとなっています。

アタッカーとしては、2つのわざを持つ【ザルードV】を上手く活用しましょう。

このポケモンは、わざ「ジャングルレイジ」を持っています。

このわざは、素点120で「相手のバトルポケモンが「ポケモンV」なら、120ダメージ追加」というテキストを持ち、ほとんどのVポケモンを一撃で倒すことの出来る火力を持っています。

【ザマゼンタV】のわざ「リベンジバースト」と、【ザルードV】のわざ「ジャングルライズ」はどちらもエネルギー3個要求と少し重くなっています。

その為、序盤からすぐ使える、というものではないでしょう。

しかし、【マリィのプライド】を上手く活用すれば素早く起動することが可能です。

【マリィのプライド】は「自分のトラッシュから基本エネルギーを1枚選び、ベンチポケモンにつける」というものです。

『おうじゃのかまえ』などであらかじめトラッシュにエネルギーを送っておき、上手く【マリィのプライド】に繋げていきましょう。

序盤は【ザマゼンタV】を素早く場に出し、特性『おうじゃのかまえ』を絡めながら場を展開していきましょう。

あとは『おうじゃのかまえ』でトラッシュに送ったエネルギーを【マリィのプライド】で【ザルードV】などのアタッカーに付け、上手く戦っていきましょう。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO69|ものまねむすめで手札補充手札シンクロデッキデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

最大ダメージ230を与えることの出来る高火力アタッカー【グランブルV】、相手の場のポケモン全てにダメージを与えながら2個のエネルギーで180ダメージを与えることが出来る【オンバーンV】、2体のVポケモンが採用されているデッキ。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

序盤は【オンバーンV】を前に出して戦っていきましょう。

このポケモンは、わざ「ばくおんぱ」を持っており、このわざは「相手のポケモン全員に、それぞれ20ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]」というものです。

超エネルギー1個で使える為、序盤から複数回使って相手の盤面のポケモンをどんどん倒してしまいましょう。

もうひとつのわざ「シンクロラウド」は素点60で「自分の手札と相手の手札が同じ枚数なら、120ダメージ追加」というテキストです。

最大で180ダメージを与えることが出来、超エネルギー1個悪エネルギー1個の合計2個で使える非常に強力なわざとなっています。

また、このデッキに採用されている【ココロモリ】も、非ルールポケモンとしては非常に強力なわざを持っています。

わざ「シンクロウーハー」は素点30で「自分の手札と相手の手札が同じ枚数なら、80ダメージ追加」というテキストを持ち、尚且つ超エネルギー1個で使えます。

最大で110ダメージを1個のエネルギーで使い、相手のポケモンに上手くダメージを与えましょう。

また、【オンバーンV】のわざ「シンクロラウド」と【ココロモリ】の「シンクロウーハー」を使う上で、【ものまねむすめ】を的確に使わなければいけません。

相手の手札と同じ枚数にしなければどちらも火力が出ない為、「自分の手札をすべて山札にもどして切る。

その後、相手の手札の枚数ぶん、自分の山札を引く」というテキストを持つ【ものまねむすめ】はこのデッキにおいて必須のカードと言えるでしょう。

ただし、基本的には【ハイパーボール】など他のカードを使うことで手札を相手と同じ枚数になるように調整しましょう。

【ものまねむすめ】はこのデッキに2枚しか採用されていない為、何回も気軽に使うことはできません。

どうしても必要な場面だけで使うに止め、上手く活用しましょう。

序盤は【オンバーンV】の「ばくおんぱ」で相手の場にダメージを蓄積させ、用意が出来たら「シンクロラウド」や【ココロモリ】の「シンクロウーハー」を使っていく。

どうしても必要な場面では【ものまねむすめ】を絡め、安定した火力を相手に押し付けていきます。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO70|狙えスカービート&おかわりファング
デッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

【パルスワンV】、【ムーランドV】、【ヨクバリスV】の3体のVポケモンが採用されているデッキ。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

このデッキは、いかに【パルスワンV】を活用できるかが重要になってきます。

【パルスワンV】は、「スマッシュターン」と「エレキバレット」、2つのわざを持っています。

「スマッシュターン」は、素点30で「のぞむなら、このポケモンをベンチポケモンと入れ替える」というテキストです。

尚且つ雷エネルギー1個で使え、序盤から扱いやすいわざとなっています。

もう1つのわざ「エレキバレット」は、素点120で「相手のベンチポケモン1匹にも、30ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない]」というテキストを持っています。

バトル場とベンチ両方にダメージを与えることが可能で、後述する【レントラー】や【ムーランドV】とのコンボに繋げやすくなっています。

【レントラー】は、わざ「スカービート」を持ちます。

このわざは素点100で「相手のバトルポケモンにダメカンがのっているなら、100ダメージ追加」というテキストを持っています。

あらかじめ【パルスワンV】の「エレキバレット」でダメージを与えておくことで、簡単に200ダメージを与えることが可能となっています。

非ルールポケモンとしては非常に強力なわざとなっている為、上手く活用しましょう。

【ムーランドV】は、わざ「おかわりファング」を持ちます。

このわざは、素点30で「このワザのダメージで、相手のたねポケモンがきぜつしたなら、サイドを1枚多くとる」というテキストを持ちます。

非ルールポケモンを倒すだけでサイドを2枚獲得することが出来、非常に強力なわざだと言えるでしょう。

あらかじめ「エレキバレット」でダメージを与えておき、「おかわりファング」で相手のポケモンのHPを倒せるラインまで削っておきましょう。

相手のサイドレースプランを崩すことが可能で、一度成功するだけで一気に優位に立つことが出来るでしょう。

序盤は【パルスワンV】の「スマッシュターン」や「エレキバレット」で相手を削り、ベンチに【ムーランドV】や【レントラー】を用意しましょう。

相手のHPが多いのであれば「スカービート」、相手のHPが40以下なら「おかわりファング」といったように使い分け、上手く立ち回っていきましょう。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら