ピカチュウVMAXデッキのピカ様の本気を見よ!

今回ポケカSTARTでは、ピカチュウVMAXのデッキレシピ(デッキリスト)をご紹介致します。

デッキの内容は当然ながら、使い方や改造方法など初心者にも分かりやすく徹底的に解説しています。また、現環境に対しての対策などもお伝えしております。是非参考にしてみてください。

基本デッキレシピ(デッキリスト)

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
ピカチュウVMAX モココ
※画像はズーム可能

【ピカチュウVMAX】をメインアタッカーとして戦うデッキ。

技の「キョダイボルテッカー」は付いているエネルギーをすべてトラッシュすることで打点を向上させることが出来ますが、トラッシュしたエネルギーも【モココ】の「エレキダイナモ」によって回収することが出来、安定して戦いを繰り広げることが可能となっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
ピカチュウV メリープ
※画像はズーム可能

まずは【モココ】を展開する事を第一に動きましょう。メインアタッカーの【ピカチュウVMAX】が用意できていなくても【ゼクロム】や【サンダー】などのサブアタッカーが豊富なデッキの為、【モココ】さえ用意できればある程度柔軟に戦うことが出来るようになっています。

【ピカチュウVMAX】は最大打点が270点の為、【アルセウス&ディアルガ&パルキアGX】を一撃で倒すことはできません。

しかし、【ガラルジグザグマ】の「かんしゃくヘッド」を使用することで280点に届かせることが出来る為、上手く活用しましょう。

【ゼクロム】の技「ワイルドショック」は、60点の自傷ダメージを受ける代わりに相手のバトルポケモンをマヒにすることが可能です。場のポケモンの入れ替え手段を【ふうせん】に頼り切っている構築も少なくない為、マヒが有効に働く場面も多いでしょう。

ゼクロム ガラルジグザグマ
※画像はズーム可能

【サンダー】の「スナイプサンダー」も上手く活用しましょう。

相手のV・GXポケモン限定でベンチ狙撃することが可能で、【デデンネGX】を一撃で倒すことが出来ます。相手のベンチの展開の状況を見つつ前もって「スナイプサンダー」でダメージを与えておき、【ピカチュウVMAX】の「ダイボルテッカー」でとどめを刺すといったプレイングも有効です。

メインアタッカーの【ピカチュウVMAX】に頼り切った戦い方をするのではなく、豊富なサブアタッカーを上手く活用しながら戦いましょう。

時には【デデンネGX】で技宣言をすることもある、という事を忘れてはいけません。

デデンネGX サンダー
※画像はズーム可能

【デデンネGX】には「ビリリターンGX」という技があり、50ダメージを与えながら相手のバトルポケモンをマヒにすることが出来ます。尚且つデデンネGXを手札に戻すことが出来、負け筋を潰すことが出来るでしょう。

次のターンに特性の「デデチェンジ」を使用することも出来る為、時間稼ぎと手札補充を兼ねた一手になります。必ず考慮には入れておきましょう。

フュージョンアーツ環境

有利不利なデッキや対策
れんげきウーラオスVMAX ピカチュウVMAX
※画像はズーム可能

【れんげきウーラオスVMAX】デッキは非常に苦手としています。メインアタッカーの【ピカチュウVMAX】が闘弱点ということもありますが、「キョダイレンゲキ」で【モココ】のようなこのデッキが安定して戦う為に必要なポケモンを倒されるとどうしても息切れしてしまいます。

弱点を突かれるうえにベンチの必要なポケモンを倒されてしまうと、その後苦しい戦いを強いられてしまいます。

アルセウス&ディアルガ&パルキアGX ピカチュウVMAX
※画像はズーム可能

【アルセウス&ディアルガ&パルキアGX】デッキには有利に戦えるでしょう。

「かんしゃくヘッド」+「キョダイボルテッカー」で丁度280点出し倒すことが出来る為、素早く【アルセウス&ディアルガ&パルキアGX】を倒すことで対戦テンポを取ることが可能になっています。

三神デッキ側は【ピカチュウVMAX】を一撃で倒す手段が乏しく、有利に戦うことが出来るでしょう。

フュージョンアーツ環境での立ち位置
モココ ミュウVMAX
※画像はズーム可能

このデッキの特性上、【モココ】を二体揃えないと安定して攻撃し続けられません。その為準備を終える前に一方的に攻撃されることに弱く、現在の環境では素早く相手を攻撃するデッキが非常に多い為、苦戦を強いられる事が多くなっています。

特に環境上位である【ミュウVMAX】デッキが相手を素早く攻撃し続けるデッキの為、このデッキが苦戦を強いられる事は非常に多いでしょう。

環境上でこのデッキの立ち位置は、決して良い物とは言えないでしょう。

準備中

この記事を書いた人

K-五十嵐

ジムバトル優勝経験多数、PTCGOドはまり、現在は親子でもっぱらポケカ。

ジムバトル優勝/シティーリーグ優勝~BEST4デッキ

バトルリージョン環境

スターバース環境

フュージョンアーツ環境

準備中