悪パーフェクションデッキは一撃必殺の恐怖!

,環境最強

今回ポケカSTARTでは、悪パーフェクションのデッキレシピ(デッキリスト)をご紹介致します。

デッキの内容は当然ながら、使い方や改造方法など初心者にも分かりやすく徹底的に解説しています。また、現環境に対しての対策などもお伝えしております。是非参考にしてみてください。

基本デッキレシピ(デッキリスト)

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
ミュウツー&ミュウGX ブラッキー&ダークライGX
※画像はズーム可能

【ミュウツー&ミュウGX】を軸としたデッキ。

【ブラッキー&ダークライGX】などの悪タイプGXポケモンの技をメインで使う事から、デッキと呼ばれています。

6エネで「デッドムーンGX」を使う事によって、次のターン相手がトレーナーズを使えないようにしながら相手のバトルポケモンを強制的にきぜつさせることが出来、非常に攻撃的なデッキタイプだと言えます。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
ミュウツー&ミュウGX
※画像はズーム可能

このデッキのメインアタッカーである【ミュウツー&ミュウGX】はたねポケモンの為、すぐすぐ場に出す必要はありません。

勿論エネを手貼りしておきたいといったこともありますが、【マニューラGX】の特性「シャドーコネクション」によって場にある悪エネルギーを好きに動かすことが出来る為、焦る必要性は全くありません。

このデッキにおいて重要なポケモンは、【マニューラGX】、そして【シルヴァディGX】です。

マニューラGX シルヴァディGX
※画像はズーム可能

【マニューラGX】は上記したように特性「シャドーコネクション」によって場の悪エネルギーを動かすことができ、【シルヴァディGX】は特性「ディスクリロード」によって手札を五枚になるように補充することができます。

【レッド&グリーン】の追加効果ありによって増えた場のエネルギーを「シャドーコネクション」でアタッカーに集め、減った手札を「ディスクリロード」で補充する、という動きによって安定して戦うことができるようになっています。

レッド&グリーン ガラルサンダーV
※画像はズーム可能

【マニューラGX】の特性「シャドーコネクション」は、【オーロラエネルギー】を動かすことも出来ます。

その為、【ガラルサンダーV】を即座に起動できるようになっています。このデッキは【ムゲンダイナVMAX】が苦手な為、【ガラルサンダーV】を使うことで不利対面を覆すことができるでしょう。

場の悪エネルギーを温存しながら、【ガラルサンダーV】の特性「とうそうほんのう」によって1エネで攻撃する、といったテクニカルな動きも可能です。

場のエネルギーに余裕が出来た場合、【ブラッキー&ダークライGX】の技「デッドムーンGX」を狙っていきましょう。

ブラッキー&ダークライGX
※画像はズーム可能

この技は1エネで技を使うことが出来、次のターン相手がトレーナーズを使えないようにすることが出来ます。

その上、追加で悪エネルギーが五個付いていた場合相手のバトルポケモンをきぜつさせることができ、多少の不利な盤面であっても強制的に巻き返すことができるでしょう。

また、【メガヤミラミ&バンギラスGX】の技「グリードクラッシュ」は210打点で、GXポケモンを気絶させた場合サイドを追加で1枚取ることが可能となっています。

不利盤面からの「デッドムーンGX」、「グリードクラッシュ」で一気にサイドを取り切ってしまいましょう。

フュージョンアーツ環境

有利不利なデッキや対策
ミュウVMAX ウィークガードエネルギー
※画像はズーム可能

【ミュウVMAX】デッキを苦手としています。

【ミュウVMAX】は悪弱点ではあるものの【ウィークガードエネルギー】を採用しているケースが多く、むしろ【ミュウツー&ミュウGX】が弱点を突かれてしまいます。

尚且つ技「テクノバスター」210打点に【パワータブレット】を組み合わせることでTAG TEAM GXポケモンを一撃で倒すことも可能で、攻撃速度も非常に早いことから苦しいマッチアップだと言えます。

【アルセウス&ディアルガ&パルキアGX】主体の三神デッキは有利対面です。【ミュウツー&ミュウGX】が一撃で倒されることが無く、こちらは場に6エネさえ用意できれば「デッドムーンGX」からの「グリードクラッシュ」を決め勝つことが出来る為、楽な対面だとさえ言えるでしょう。

フュージョンアーツ環境での立ち位置
はくばバドレックスVMAX クワガノン
※画像はズーム可能

苦手な【ミュウVMAX】デッキが環境に多く存在し、同じく苦手な【はくばバドレックスVMAX】デッキも環境に多い為、立ち位置としては非常に厳しいものだと言えます。

他にも、苦手な【クワガノン】デッキなどの非ルールポケモン主体のデッキが環境に多く存在します。

デッキパワーは高いのですが、今の環境では勝率を維持することが困難になってしまっていると言えるでしょう。

スターバース環境【2022年最新レギュ=Cなし対応済み】デッキ

準備中

この記事を書いた人

K-五十嵐

ジムバトル優勝経験多数、PTCGOドはまり、現在は親子でもっぱらポケカ。

ジムバトル優勝/シティーリーグ優勝~BEST4デッキ

バトルリージョン環境

スターバース環境

フュージョンアーツ環境

準備中