スタートデッキ100・NO71からNO80デッキリストまとめ

スタートデッキ100

この記事を書いた人

K-五十嵐

ジムバトル優勝経験多数、PTCGOドはまり、現在は親子でもっぱらポケカ。

はじめに

今回ポケカSTARTでは、スタートデッキ100のデッキリスト(カードリスト)をご紹介致します。

デッキの内容は当然ながら、使い方や改造方法など初心者にも分かりやすく徹底的に解説しています。是非参考にしてみてください。

スタートデッキ100・NO71|大怪獣の脅威ボスゴドラVMAXデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

HP330で270ダメージを与えることが出来る【ボスゴドラVMAX】を軸としたデッキ。

VMAXポケモン特有の高い耐久力と高火力を武器に戦っていく。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

このデッキの軸である【ボスゴドラVMAX】は、HP330の耐久を持つVMAXポケモンです。

簡単には倒されない耐久力を持っている為、【ボスゴドラVMAX】を上手く押し付ける必要があります。

ただし、逃げるエネルギーが4エネルギーと重い為、前に出したら基本入れ替えられないものと考えて戦っていきましょう。

わざは「クラックストンプ」と「ダイトッシン」の2つを持っています。

「クラックストンプ」はエネルギー3個要求、素点150で「相手の山札を上から1枚トラッシュする」というテキストを持っています。

相手に150ダメージという十分な火力を押し付けながら相手の山札をトラッシュ出来る為、非常に強力なものとなっています。

「ダイトッシン」はエネルギー5個要求、素点270で「このポケモンにも30ダメージ」というテキストを持っています。

高火力を期待できる代わりにデメリット効果を持っている為、むやみやたらに連発はしないように気を付けましょう。

【ボスゴドラVMAX】は、わざの要求エネルギーが重く手貼りだけでは中々攻撃に移る事ができません。

その為、このデッキに採用されているエネルギー加速手段である【ガラルニャイキング】を上手く使っていきましょう。

【ガラルニャイキング】は、わざ「げきをとばす」を持っています。

このわざはエネルギー1個要求で「自分の山札から基本エネルギーを2枚まで選び、自分のポケモンに好きなようにつける。

そして山札を切る」というテキストです。

簡単に場のエネルギー加速を行え、【ボスゴドラVMAX】の起動にかかる時間を大幅に短縮することが可能です。

その為、なるべく早く【ガラルニャイキング】を場に用意し、【ボスゴドラVMAX】にエネルギーを付けていきましょう。

まず序盤は【ガラルニャース】を展開し、【ガラルニャイキング】を素早く用意しましょう。

そしてわざ「げきをとばす」を使い、【ボスゴドラV】・【ボスゴドラVMAX】にエネルギーを加速しておきます。

準備が出来たら【ボスゴドラVMAX】を前に出し、わざ「クラックストンプ」の中打点150ダメージ+山札トラッシュ、「ダイトッシン」の高打点270ダメージを上手く使い分けながら相手のバトル場のポケモンを倒してしまいましょう。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO72|炎犬&炎兎の共演エンテイエースバーンデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

特性で山札から1枚ドローすることが出来、最大打点220ダメージを出すことの出来る【エンテイV】、安定して210ダメージを相手に与えることの出来る【エースバーンV】、2体のVポケモンが採用されているデッキ。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

このデッキにおいて、【ガーディ】を上手く活用することは必須と言えます。

【ガーディ】はわざ「あたためる」を持ち、このわざは無色エネルギー1個で使え、「自分の山札から炎エネルギーを1枚選び、自分のポケモンにつける。

そして山札を切る」というテキストです。

特に後述する【エースバーンV】はエネルギー消費が多い為、「あたためる」を上手く使うことが求められてくるでしょう。

【エンテイV】は特性『しゅんそく』を持ちます。

この特性は「このポケモンがバトル場にいるなら、自分の番に1回使える。

自分の山札を1枚引く」というもので、デメリット無しで1ドローが可能となっています。

シンプルに自分の手番で引ける枚数が1枚増えるだけで非常に強力な為、どんどん使っていきましょう。

わざ「バーニングロンド」は素点20で「おたがいのベンチポケモンの数×20ダメージ追加」というテキストです。

最大で220ダメージを出すことが可能であり、要求エネルギーも2個と軽い為非常に強力なわざとなっています。

【エースバーンV】はわざ「ブレイズキック」を持ちます。

このわざは素点210で「このポケモンについている炎エネルギーを2個選び、トラッシュする」というテキストです。

【エンテイV】と違い安定して210ダメージを出せる代わりに、効果によりエネルギー消費量が非常に多くなってしまっています。

【エースバーンV】を使う場合、あらかじめ【ガーディ】の「あたためる」でエネルギー加速を行って準備しておきましょう。

序盤は【ガーディ】を前に出し「あたためる」で場のエネルギー加速を行いましょう。

準備が出来たら【エンテイV】を前に出し、『しゅんそく』でドローしながら【バーニングロンド】を使って戦います。

最大火力でない「バーニングロンド」では倒し切れないような相手が出てきた場合にベンチで用意しておいた【エースバーンV】を前に出し、「ブレイズキック」で相手のバトルポケモンを確実に倒していきましょう。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO73|灼熱の鉄槌ブースターメタグロスデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

【ブースターV】と【メタグロスV】、2体のVポケモンが採用されているデッキ。

採用されている2体のVポケモンはどちらも要求エネルギーが軽いわざを持っており、素早く攻撃に移る事が可能となっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

【ブースターV】はわざ「もえるいぶき」を持ち、これは素点20で「自分の山札から炎エネルギーを1枚選び、このポケモンにつける。

そして山札を切る」というテキストを持ちます。

相手にダメージを与えながら自身のエネルギー加速を行える、非常に優秀なわざだと言えるでしょう。

要求エネルギーも無色エネルギー1個と軽い為、積極的に使っていきましょう。

エネルギー加速を終えたら、もう一つのわざ「しゃくねつのはしら」を使っていきます。

このわざは素点120で、「相手のバトルポケモンをやけどにする」というテキストを持ちます。

相手のバトルポケモンに中打点ダメージを与えながらやけどにさせることが出来る為、相手の行動を上手く阻害することが出来るでしょう。

【メタグロスV】のわざ「バレットパンチ」は素点20で「コインを2回投げ、オモテの数×20ダメージ追加」というテキストを持ちます。

わざの要求エネルギーも1個と軽く、コイン次第とはいえ60ダメージが望めることから使いやすいわざとなっています。

もう1つのわざ「シンクロハンマー」は素点60で「このポケモンと相手のバトルポケモンについているエネルギーの数が同じなら、90ダメージ追加」と、条件付きながら最大150ダメージを与えることが可能となっています。

要求エネルギーは2個と軽く、手貼りだけでも簡単に使うことが出来るようになるでしょう。

また、【ブースターV】についたエネルギーを【メタグロスV】に【エネルギー転送】で移し替えることが出来れば、手貼り込みで「シンクロハンマー」1ターン起動も可能となっています。

状況次第で上手く使っていきましょう。

【メタグロスV】と【ブースターV】はどちらも1エネでわざが使えるポケモンの為、序盤はどちらから入っても問題ありません。

相手のデッキタイプやエースポケモンの属性次第で使い分けましょう。

「もえるいぶき」か「バレットパンチ」から入り、上手く試合展開を組み立てていきます。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO74|雷光轟くライコウエレキバレットデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
ライコウV
※画像はズーム可能

【ピカチュウV】と【ライコウV】、2体のVポケモンが採用されているデッキ。

特性『エレキダイナモ』で場のエネルギー加速を行える為、アタッカーを即座に起動できるデッキとなっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
モココ
※画像はズーム可能

最優先で【モココ】を用意していきましょう。

【モココ】は特性『エレキダイナモ』を持っています。

この特性は「自分の番に1回使える。

自分のトラッシュから雷エネルギーを1枚選び、ベンチポケモンにつける」というもので、トラッシュにあるエネルギーの有効活用を行いつつ場のエネルギー加速を行えるものとなっています。

トラッシュに雷エネルギーがあれば即座に使うことが可能な為、雷エネルギーを適度にトラッシュしておきましょう。

【ライコウV】は、特性『しゅんそく』を持っています。

この特性は「このポケモンがバトル場にいるなら、自分の番に1回使える。

自分の山札を1枚引く」というものです。

デメリットも無い為、どんどん使っていきましょう。

わざ「ライトニングロンド」は素点20で「おたがいのベンチポケモンの数×20ダメージ追加」というテキストを持ちます。

最大で220ダメージを出すことが可能で、尚且つわざを使う為に必要なエネルギーは2個と要求が軽く非常に強力なわざとなっています。

上手く自分のベンチを展開し、火力を向上させておきましょう。

【ピカチュウV】はわざ「ライトニングボム」を持ちます。

このわざは素点100で「のぞむなら、このポケモンについている雷エネルギーを、すべてトラッシュする。

その場合、120ダメージ追加」というテキストです。

【エンテイV】とは違い、エネルギーをトラッシュさえすれば安定して220ダメージを出すことが可能となっています。

「ライトニングボム」にはエネルギーをトラッシュするデメリット効果がありますが、このデッキにおいて【モココ】がいる以上デメリットにはなりません。

『エレキダイナモ』で即座に回収しエネルギー加速し、デメリットを打ち消してしまいましょう。

序盤はとにかく【モココ】の展開を最優先で行い、トラッシュに雷エネルギーを送って『エレキダイナモ』で【ライコウV】と【ピカチュウV】を育てていきましょう。

あとは【ライコウV】の「ライトニングロンド」で戦いながら『しゅんそく』でドローし、ここぞという場面では【ピカチュウV】の「ライトニングボム」を使って相手のバトルポケモンを倒していきましょう。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO75|VMAXキラーゴルーグケケンカニデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
ケケンカニV
※画像はズーム可能

相手のVMAXポケモンでさえ一撃で倒すことの出来る【ケケンカニV】、進化ポケモンを退化させながらダメージを与えることの出来る【ゴルーグV】、2体のVポケモンが採用されているデッキ。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

このデッキにはエネルギー加速手段が乏しく、エネルギー加速を行うことが出来るデッキが相手だと攻撃速度で苦しい戦いを強いられてしまいます。

その為、手貼りで間に合わないことが明確な状況になった場合は【ネンドール】を場に用意することを狙っていきましょう。

【ネンドール】は、わざ「パワーシェア」を持ちます。

このわざは「自分の場のポケモンについているエネルギーの数が、相手の場のポケモンについているエネルギーの数と同じになるまで、自分のトラッシュから超エネルギーを選び、自分のポケモンに好きなようにつける」というテキストを持つ為、相手のエネルギー加速を利用してこちらもエネルギー加速を行いましょう。

適度にトラッシュに超エネルギーを送っておく、ということを行いながら【ネンドール】を用意していきましょう。

【ゴルーグV】は、わざ「リワインドビーム」を持ちます。

このわざは「相手の進化しているバトルポケモンから、「進化カード」を1枚はがして退化させる。

はがしたカードは、相手の手札にもどす」というテキストを持っており、相手のVMAXポケモンの耐久力を無視して倒すことが可能となってくるでしょう。

相手のVポケモンのHP次第で上手く活用していきましょう。

【ケケンカニV】の「デストロイヤーパンチ」はこのデッキにおいて最大火力を見込めるわざになってくるでしょう。

素点90で「相手のバトルポケモンにのっているダメカンの数×60ダメージ追加」というテキストを持つ為、相手にダメカンが4個以上乗っていればVMAXポケモンでさえ簡単に倒すことが可能です。

相手のバトルポケモンに乗っているダメカン次第では前に出し、一撃で倒してしまいましょう。

序盤は非ルールポケモン主体で戦いつつ、Vポケモンの育成を急ぎましょう。

もしも相手がエネルギー加速を行ってくる場合には【ネンドール】の「パワーシェア」を使い、こちらもエネルギー加速を行っていきましょう。

あとは【ゴルーグV】と【ケケンカニV】の2体を使い分けながら相手のエースアタッカーを倒していきます。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO76|エクストラターン連打?超越デッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
チャーレムV
※画像はズーム可能

【パルスワンV】、【チャーレムV】、【サダイジャV】が採用されているデッキ。

【チャーレム】のわざ「ヨガループ」で相手を気絶させることが出来れば、エクストラターンを獲得できるようになっている。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
マリィのプライド
※画像はズーム可能

序盤は非ルールポケモン、特に【エビワラー】のようなエネルギー要求が軽いわざを持つポケモン主体で戦っていきましょう。

【エビワラー】はHP110の非ルールポケモンで、わざ「クリーンヒット」を持ちます。

このわざは素点20で「相手のバトルポケモンが進化ポケモンなら、50ダメージ追加。

というテキストを持っており、要求も闘エネルギー1個と軽く非常に扱いやすいものとなっています。

進化ポケモン限定とはいえ70ダメージを与えられる為、上手く活用していきましょう。

戦っていく中で、もしも相手の場のポケモンで残りHPが20以下のポケモンがいた場合は【チャーレムV】を前に出していきましょう。

【チャーレムV】は、わざ「ヨガループ」を持ちます。

このわざは「相手のポケモン1匹に、ダメカンを2個のせる。

このワザで相手のポケモンがきぜつしたなら、この番が終わったら、もう1回自分の番を始める。

前の自分の番に、自分のポケモンが「ヨガループ」を使っていたなら、このワザは使えない」というテキストで、上手く相手のポケモンを気絶させられればエクストラターンを獲得することができるようになっています。

「ヨガループ」によって相手のポケモンを気絶させ、エクストラターンでまた相手のポケモンを気絶させる。

これができればサイドを一気に獲得することが出来る為、サイドレースを一気に有利にすることが可能となってくるでしょう。

狙いすぎても良くありませんが、狙える場面では上手く決めていきましょう。

このデッキには、【マリィのプライド】が採用されています。

このカードは「自分のトラッシュから基本エネルギーを1枚選び、ベンチポケモンにつける」というサポートカードで、エネルギー加速を行う事が可能となっています。

手貼りでは間に合わない場面で使い、上手く活用していきましょう。

序盤は【エビワラー】などの非ルールポケモン主体で戦い、相手の場のポケモンのHP次第で【チャーレムV】の「ヨガループ」を狙っていく。

【マリィのプライド】を絡めながら、エネルギー加速も行いつつ戦います。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO77|相手を無力化せよカプ・コケコVMAXデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
カプ・コケコVMAX
※画像はズーム可能

【カプ・コケコVMAX】を軸としたデッキ。

【フリージオ】によるエネルギー加速も可能となっており、バランスの良い戦い方が出来るようになっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

序盤は【フリージオ】から入りましょう。

【フリージオ】はわざ「エレメントチェーン」を持っており、このわざは「自分の山札を上から6枚見て、その中から基本エネルギーを好きなだけ選び、自分のポケモンに好きなようにつける。

残りのカードは山札にもどして切る」というテキストです。

水エネルギー1個で使えるエネルギー加速手段であり、デメリットも無く後攻1ターン目から使える為、非常に扱いやすいわざだと言えるでしょう。

このデッキには【フリージオ】が4枚採用されている為、倒されることは気にせず積極的に使っていきましょう。

「エレメントチェーン」で場のエネルギー加速が十分になったら、【カプ・コケコVMAX】を場に出していきましょう。

このポケモンはわざ「ダイショック」を持っており、このわざは素点180で「自分のサイドの残り枚数が、相手のサイドの残り枚数より多いなら、相手のバトルポケモンをマヒにする」というものです。

サイドが負けていれば相手のバトル場のポケモンを強制的にマヒにさせられる為、VMAXポケモンを無理矢理2回攻撃で倒すことも可能でしょう。

このデッキにおいてサイドレースの不利はイコール戦況不利とはならない為、焦らず自分の盤面を整えることに集中しておきましょう。

【カプ・コケコVMAX】が中々用意できない状況になっていた場合は、【ランターン】などの非ルールポケモンで戦うのも良いでしょう。

このポケモンはわざ「めくらましビーム」を持っており、このわざは素点40で「次の相手の番、このワザを受けたポケモンがワザを使うとき、相手はコインを1回投げる。

ウラならそのワザは失敗」というテキストです。

相手にダメージを与えながら無力化できる可能性を秘めている為、中盤から終盤において非常に活躍するでしょう。

上述したようにサイドレースで多少不利を取っても何も問題ない為、上手く活用していきましょう。

序盤は【フリージオ】の「エレメントチェーン」で場のエネルギー加速を行い、中盤から終盤にかけては状況次第で【ランターン】か【カプ・コケコVMAX】を使い、戦っていきましょう。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO78|襲い来る4本のハサミコロトックキングラーデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
コロトックV
※画像はズーム可能

【コロトックV】と【キングラーV】の2体のVポケモンが採用されているデッキ。

【インテレオン】の特性『クイックシューター』で、ターンを重ねるほど相手の場にダメージが蓄積していくようになっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
コロトックV
※画像はズーム可能

【コロトックV】は、このデッキにおいて非常に重要なドローソースです。

その為、序盤からバトル場に出して簡単に倒されないように気を付ける必要があります。

【コロトックV】は特性『エキサイトステージ』を持っており、この特性は「自分の番に1回使える。

自分の手札が3枚になるように、山札を引く。

このポケモンがバトル場にいるなら、4枚になるように引く。

この番、すでに別の『エキサイトステージ』を使っていたなら、この特性は使えない」というものです。

デメリット無しで手札を補充することが出来、非常に強力な特性だと言えるでしょう。

【コロトックV】やドローサポートカードで手札を補充しながら、【インテレオン】を場に展開していきましょう。

このポケモンは特性『クイックシューター』を持っており、この特性は「自分の番に1回使える。

相手のポケモン1匹に、ダメカンを2個のせる」というテキストです。

一見するとたった20ダメージとあまり強くは見えませんが、ターンが進むほど相手の場にダメカンを乗せられ、2体場に用意すればその倍になってくる為、非常に強力な特性となっています。

【キングラーV】はわざ「あわふらし」によって場のエネルギー加速が可能です。

このわざは「コインを1回投げオモテなら、自分の山札から水エネルギーを5枚まで選び、自分のポケモンに好きなようにつける。

そして山札を切る」というテキストで、一気に場のエネルギー加速を進めることが可能です。

もう1つのわざ「あばれバサミ」は素点200で「このポケモンにも30ダメージ」というテキストです。

【インテレオン】の『クイックシューター』と合わせればほとんどのVポケモンを確実に一撃で倒すことが出来る為、上手く組み合わせていきましょう。

序盤は【コロトックV】がすぐに倒されないように気を付けながら戦う。

その中で【インテレオン】を場に用意し、『クイックシューター』を積極的に使っていきましょう。

あとは【キングラーV】の「あばれバサミ」と『クイックシューター』を組み合わせて、相手のバトル場のポケモンを素早く倒してしまいましょう。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO79|襲い来るガラルの猛者たちガラルビートデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
ガラルサンダーV ガラルヤドキングV
※画像はズーム可能

【ガラルサンダーV】と【ガラルヤドキングV】の2体のVポケモンが採用されているデッキ。

このデッキには【ガラルのむねあて】が採用されている為、耐久力のあるデッキとなっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
ガラルヤドキングV ガラルサンダーV
※画像はズーム可能

序盤は【ガラルヤドキング】を前に出していきましょう。

このポケモンはわざ「ちょうごう」を持っており、このわざは「自分の手札を1枚トラッシュする。

その後、自分の山札を3枚引く」というテキストです。

無色エネルギー1個で扱える為、手札が悪い場合に上手く使っていきましょう。

もう1つのわざ「はめつのひとこと」は、「次の相手の番の終わりに、このワザを受けたポケモンはきぜつする」というテキストです。

相手がバトル場のポケモンを逃がすことが出来なければ強制的にきぜつさせることが出来、非常に強力なものとなっています。

相手にバトル場のポケモンの入れ替えを強制させられる、ということも強みと言えるでしょう。

【ガラルサンダーV】は、特性『とうそうほんのう』を持っています。

この特性は「相手の場の「ポケモンV」の数ぶん、このポケモンがワザを使うための無色エネルギーは少なくなる」というもので、相手の場次第では闘エネルギー1個でわざを使うことができるようになってくるでしょう。

場に出してすぐ攻撃に移ることも可能で、非常に強力な特性だと言えます。

わざ「らいめいげり」は素点170、「ダメージを与える前に、相手のバトルポケモンについている特殊エネルギーを1個選び、トラッシュする」というテキストです。

170という十分なダメージを与えつつ特殊エネルギーをトラッシュ出来るため、相手の要求値を引き上げることも可能となっています。

このデッキには、【ガラルのむねあて】が採用されています。

このカードは、「このカードをつけている、名前に「ガラル」とつくポケモンが、相手のポケモンから受けるワザのダメージは「-30」される」というテキストのポケモンのどうぐです。

このデッキにはガラルと名の付くポケモンしか採用されていない為、扱いやすいものとなっているでしょう。

優先的にVポケモンに付け、耐久力を底上げしておきましょう。

序盤は【ガラルヤドキング】から入り、ベンチに【ガラルサンダーV】を用意しておく。

「はめつのひとこと」や「らいめいげり」を上手く使い、【ガラルのむねあて】で耐久力も底上げしつつ相手のバトルポケモンを倒してしまいましょう。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO80|どっちを選ぶ?こくば&はくばデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
こくばバドレックスV はくばバドレックスV
※画像はズーム可能

【こくばバドレックスV】と【はくばバドレックスV】、2体のVポケモンが採用されているデッキ。

【ユキメノコ】の特性を使いエネルギー加速を行いつつ戦うことが出来るようになっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
こくばバドレックスV
※画像はズーム可能

序盤は【ユキワラシ】と【こくばバドレックスV】、【はくばバドレックスV】を場に用意していきましょう。

どちらも1個のエネルギーでわざを使えるポケモンの為、どちらから入っても問題はありません。

強いて言うなら【はくばバドレックスV】の方が火力のあるポケモンの為、前に出していきましょう。

【はくばバドレックスV】は、わざ「つきさす」と「ブリザードランス」を持っています。

「つきさす」は水エネルギー1個で使え、40ダメージを与えることが出来るわざです。

要求エネルギーの小ささに見合わぬ火力の為、使いやすいものとなっています。

「ブリザードランス」は素点200、「このポケモンについているエネルギーを2個選び、トラッシュする」というテキストです。

これにより連発は難しくなっていますが、200ダメージという高火力が期待できる強力なわざとなっています。

【こくばバドレックスV】は、わざ「シャドーミスト」を持ちます。

このわざは素点10で「次の相手の番、相手は手札から、「特殊エネルギー」を出してつけられず「スタジアム」も出せない」というテキストを持っており、相手の行動を縛る事が可能です。

もう1つのわざ「アストラルビット」は、「相手のポケモン2匹に、それぞれダメカンを5個のせる」というもので、バトル場・ベンチ問わずダメージを与えられる非常に強力なわざとなっています。

上手く活用していきましょう。

【ユキワラシ】から進化する【ユキメノコ】は、特性『しもふらし』を持ちます。

この特性は「自分の番に、このカードを手札から出して進化させたとき、1回使える。

自分のトラッシュから水エネルギーを1枚選び、自分のポケモンにつける」というもので、即座に場のエネルギー加速可能です。

どうしても手貼りでは足りない、というような場面でかつ適切な状況を見極めつつ使いましょう。

序盤は【ユキワラシ】を展開し、いつでも【ユキメノコ】に進化させられるようにしておきましょう。

あとは【こくばバドレックスV】、【はくばバドレックスV】を育成し、積極的に攻撃していきましょう。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら