はくばバドレックスVMAXデッキレシピまとめ【最新ポケカ環境】

この記事を書いた人

K-五十嵐

ジムバトル優勝経験多数、PTCGOドはまり、現在は親子でもっぱらポケカ。

当サイトオリジナルデッキデッキ

今回ポケカSTARTでは、はくばバドレックスVMAXのデッキレシピ(デッキリスト)をご紹介致します。

デッキの内容は当然ながら、使い方や改造方法など初心者にも分かりやすく徹底的に解説しています。また、現環境に対しての対策などもお伝えしております。是非参考にしてみてください。

バトルリージョン環境

スターバース環境

フュージョンアーツ環境

はくばバトレックスVMAX・スイクンV型

基本デッキレシピ(デッキリスト)

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
はくばバドレックスVMAX スイクンV
※画像はズーム可能

環境上位で存在していた【はくばバドレックスVMAX】デッキに、フュージョンアーツにて収録されていた【クロススイッチャー】を組み合わせたデッキ。

本来の【はくばバドレックスVMAX】デッキのアーキタイプと比べて攻撃的な動きが可能で、素早く相手を攻撃しサイドを素早く取り切る事の出来るデッキとなっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
ジメレオン インテレオン
※画像はズーム可能

理想盤面としては、【はくばバドレックスV】、【はくばバドレックスVMAX】、【スイクンV】、【メッソン】、【ジメレオン】、【インテレオン】です。この状況を作り上げることで安定して戦うことができるでしょう。

このデッキは【ジメレオン】【インテレオン】の特性「うらこうさく」を使い山札からトレーナーズを安定して持ってくることが可能であり、事故率も非常に低くなっています。その時に必要なカードを適切に選択することで、最も強い動きを安定して行う事ができるようになっています。

このデッキにはメインアタッカーが二種類採用されており、【はくばバドレックスVMAX】を【スイクンV】のいずれかを使い分けて戦いましょう。

もしもどちらかが即座に倒されてしまい場にエネルギーが無くなってしまった場合でも、【メロン】や【キバナ】を使うことでトラッシュのエネルギーを場のポケモンに付ける事が可能です。その為盤面の復帰が容易で、毎ターン安定して攻撃し続けられるでしょう。

メロン キバナ
※画像はズーム可能

もしも【ボスの指令】を使いたくてもサポート権を使ってしまっていて使えない、といった状況でも、【インテレオン】の「うらこうさく」で手札に【クロススイッチャー】を二枚手札に揃えてしまえば、問題なく相手のベンチのポケモンをバトル場に呼び出すことが可能となっています。積極的に狙ってしまって全く問題ありません。

このデッキには、【ポケモンいれかえ】や【ふうせん】などのバトル場のポケモンをベンチに下げる手段が少なくなっていますが、基本的にバトル場のアタッカーをベンチに下げる事はありません。

どうしても逃がしたい場合には【クロススイッチャー】を使用し、手札に【回収ネット】がある場合は【メッソン】などのポケモンを前に出すことで疑似的な【ポケモン入れ替え】として使用しましょう。

クロススイッチャー 回収ネット
※画像はズーム可能

本来の【はくばバドレックスVMAX】の安定性を残しながら、【クロススイッチャー】が加わったことにより攻撃性を圧倒的に増したデッキとなっています。

デッキ有利不利なデッキや対策
クワガノン フリージオ
※画像はズーム可能

元々【はくばバドレックスVMAX】デッキ自体が苦手なデッキタイプがほとんど無いデッキだと言われており、このデッキも同じで苦手なデッキがほとんど無いデッキとなっています。

強いて挙げるなら【クワガノン】デッキですが、【フリージオ】の「カチコチロック」でグッズロックを行いながらベンチに特性「クイックシューター」を持つ【インテレオン】を用意し、相手のベンチポケモンを倒し続けることで問題なく戦うことが可能となっています。

苦手なデッキタイプではあるものの明確な回答を所持している為、明確な不利対面が非常に少ないデッキタイプである、ということは明言して問題無いでしょう。

フュージョンアーツ環境での立ち位置
ミュウVMAX アルセウス&ディアルガ&パルキアGX
※画像はズーム可能

【ミュウVMAX】デッキ、【アルセウス&ディアルガ&パルキアGX】デッキに次いで環境に多いデッキとなっています。

それだけデッキパワーが高いという証明でもあり、安定した勝率をキープすることが可能でしょう。

尚且つ「うらこうさく」によって初心者でも扱いやすいデッキで、事故率も少なく盤面の再現性も高い、とにかく万能なデッキだと言えるでしょう。

勿論対面や状況次第で立ち回りが変化する難しい部分もありはしますが、誰にでもおすすめできる非常に良いデッキタイプとなっています。

ジムバトル優勝/シティーリーグ優勝~BEST4デッキ

バトルリージョン環境

はくばバドレックスVMAX/アルセウスVSTARデッキ

スターバース環境

はくばバドレックスVMAX/アルセウスVSTARデッキ

フュージョンアーツ環境