スタートデッキ100・NO91からNO100デッキリストまとめ

スタートデッキ100

この記事を書いた人

K-五十嵐

ジムバトル優勝経験多数、PTCGOドはまり、現在は親子でもっぱらポケカ。

はじめに

今回ポケカSTARTでは、スタートデッキ100のデッキリスト(カードリスト)をご紹介致します。

デッキの内容は当然ながら、使い方や改造方法など初心者にも分かりやすく徹底的に解説しています。是非参考にしてみてください。

スタートデッキ100・NO91|剛腕&流麗ダブルウーラオスデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
いちげきウーラオスV れんげきウーラオスV
※画像はズーム可能

【いちげきウーラオスV】と【れんげきウーラオスV】、2種類のウーラオスを採用しているデッキ。

アタッカーを上手く切り替えながら柔軟に戦うことが得意なデッキとなっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
いちげきウーラオスV れんげきウーラオスV
※画像はズーム可能

このデッキには2種類のウーラオスが採用されています。

どちらも優秀なアタッカーとして運用できる為、上手く使い分けましょう。

【いちげきウーラオスV】は、「とぎすます」と「インパクトブロー」、2つのわざを持っています。

「とぎすます」は「自分の山札から闘エネルギーを2枚まで選び、このポケモンにつける。

そして山札を切る」というテキストです。

このわざを使うことで即座に【いちげきウーラオスV】のエネルギー加速が可能となり、すぐに「インパクトブロー」を使えるようになります。

「インパクトブロー」は、素点180で「次の自分の番、このポケモンは「インパクトブロー」が使えない」というテキストを持ちます。

この効果によりわざを連発することは難しくなっていますが、180ダメージという高打点を与えることが可能で、非常に強力なわざだと言えるでしょう。

【れんげきウーラオスV】は、「ひるがえす」と「ひゃくれつラッシュ」の2つのわざを持ちます。

「ひるがえす」は素点30で、「のぞむなら、このポケモンをベンチポケモンと入れ替える」というテキストです。

ダメージを与えつつ【れんげきウーラオスV】をベンチに下げ、壁役のポケモンを前に出すことで【れんげきウーラオスV】が倒されないように対策することが可能です。

もう1つのわざ「ひゃくれつラッシュ」は素点150のわざとなっています。

150という十分な火力を持ちながらデメリットも無く、非常に扱いやすいものだと言えるでしょう。

【学習装置】も上手く扱っていきましょう。

これは「自分のバトルポケモンが、相手のポケモンからワザのダメージを受けてきぜつするたび、そのポケモンについている基本エネルギーを1枚選び、このカードをつけているポケモンにつけ替えてよい」というテキストを持ったポケモンのどうぐで、疑似的なエネルギー加速が可能です。

継戦能力が跳ね上がる為、積極的に使っていきましょう。

【いちげきウーラオスV】と【れんげきウーラオスV】、その場の状況次第でアタッカーを使い分け、【学習装置】で場のエネルギーを途切れさせないようにもしつつデッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO92|弐撃決殺連撃パレットデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
れんげきウーラオスV
※画像はズーム可能

【エンペルトV】と【れんげきウーラオスV】の2体のVポケモンをはじめ、れんげきのポケモンだけで構成されたデッキ。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
オクタン れんげきエネルギー
※画像はズーム可能

まずは最優先で【オクタン】の展開を狙っていきましょう。

【オクタン】は、特性『れんげきサーチ』を持っています。

この特性は「自分の番に1回使える。

自分の山札から「れんげき」のカードを1枚選び、相手に見せて、手札に加える。

そして山札を切る。

この番、すでに別の『れんげきサーチ』を使っていたなら、この特性は使えない」というもので、れんげきと付くカードであればポケモン、グッズ、サポート、特殊エネルギー問わず山札から持ってくる事が可能です。

【オクタン】を場に出すことが出来ればデッキを安定して回すことが容易くなる為、最優先で狙っていきましょう。

このデッキに採用されている特殊エネルギーである【れんげきエネルギー】は、「このカードは「れんげき」のポケモンにしかつけられず、「れんげき」のポケモン以外についているなら、トラッシュする。

このカードは、ポケモンについているかぎり、水闘の2つのタイプのエネルギー2個ぶんとしてはたらく」というテキストです。

れんげきと付くポケモンであれば水闘2個分のエネルギーになる上に、【オクタン】の「れんげきサーチ」で持ってくることも出来、非常に強力なカードとなっています。

【エンペルトV】は、特性『エンペラーアイ』を持っています。

この特性は「このポケモンがバトル場にいるかぎり、相手の場のたねポケモン(「ルールを持つポケモン」をのぞく)の特性は、すべてなくなる」というもので、相手のたねポケモンの特性を強制的に止めることが可能です。

相手の行動を阻害することにも繋がり、強力な特性となっています。

また、わざ「らせんぎり」は素点130で「このポケモンについているエネルギーを1個選び、ベンチポケモンにつけ替える」というテキストです。

【れんげきエネルギー】があれば2回の手貼りで使うことが可能で、攻撃しつつベンチのポケモンにエネルギーを移すことで、ベンチのポケモンに手貼りが出来ず後続が育たない、という状況を防ぐことが可能です。

上手く活用しましょう。

序盤は【オクタン】を最優先で場に出し、『れんげきサーチ』を使っていきます。

その中で【れんげきエネルギー】も使いつつ、アタッカーを育成していきましょう。

とにかく【オクタン】を重視してデッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO93|決めろ強化パンチボスゴドラフリーザーデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
ガラルフリーザーV
※画像はズーム可能

【ガラルフリーザーV】と【ボスゴドラV】、2体のVポケモンが採用されているデッキ。

【フルフェイスガード】や【れいかいのおめん】といった、ポケモンのどうぐが複数枚採用されているデッキとなっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

序盤は【イエッサン】を優先的に場に出していきましょう。

わざ「なかまをよぶ」は「自分の山札からたねポケモンを2枚まで選び、ベンチに出す。

そして山札を切る」というテキストで、尚且つ超エネルギー1個で使用することが可能です。

簡単に場の展開を行う事が可能な為、積極的に狙っていきましょう。

場の展開を行いつつ、エネルギー加速も怠らないようにしましょう。

【ルチャブル】はわざ「アピールポーズ」を持っており、このわざは「自分のトラッシュから基本エネルギーを2枚まで選び、ベンチポケモン1匹につける」というものです。

【ハイパーボール】や【博士の研究】によってトラッシュしたエネルギーを有効活用しつつ場のエネルギー加速が可能な為、上手く活用しましょう。

【ゴルーグ】は、非ルールポケモンでありながら強力な火力を持つポケモンです。

わざ「きょうかパンチ」は素点60で「このポケモンに「ポケモンのどうぐ」がついているなら、90ダメージ追加」というテキストを持っています。

最大150ダメージを出せ、条件もそこまで厳しいものではない為簡単に150ダメージを連発することが可能となっています。

【ゴルーグ】に付けるポケモンのどうぐは、【フルフェイスガード】か【れいかいのお面】のどちらかです。

【フルフェイスガード】は「このカードをつけているポケモン(特性を持つポケモンをのぞく)が、相手のポケモンから受けるワザのダメージは「-20」される」というテキストで、【れいかいのお面】は「このカードをつけているポケモンが、バトル場で相手のポケモンからワザのダメージを受けたとき、相手は相手自身の手札を1枚選び、トラッシュする」というテキストです。

どちらも非常に強力で相手の要求値を上げることが可能となっている為、その場に最も適した方を選択していきましょう。

序盤は【イエッサン】の「なかまをよぶ」で展開し、【ルチャブル】の「アピールポーズで」エネルギー加速を行う。

そこまで出来たらあとは【ゴルーグ】にポケモンのどうぐを付け、「きょうかパンチ」で相手に攻撃を仕掛けましょう。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO94|お化け樹木の恐怖オーロットVMAXデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
オーロットVMAX
※画像はズーム可能

【オーロットVMAX】を軸としたデッキ。

相手のトラッシュにあるサポートの枚数分だけ火力の上がるわざ「ミッシングフォレスト」を中心に使って戦っていきます。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
オーロットVMAX
※画像はズーム可能

【オーロットV】はわざ「いのちをすいとる」と「シャドークロー」を持っています。

「いのちをすいとる」は素点30で「このポケモンのHPを「30」回復する」というテキストです。

HPを回復しつつ戦える為、HPを維持することが可能となってきます。

「シャドークロー」は素点120で、「相手の手札からオモテを見ないで1枚選び、トラッシュする」というテキストです。

エネルギー3個要求で120ダメージと聞くとあまり強くはありませんが、持っている効果によって相手の手札をトラッシュし続けることで相手の要求値を跳ね上げられ、非常に強力なものとなっています。

上手く活用しましょう。

【オーロットVMAX】は、わざ「ミッシングフォレスト」を持っています。

このわざは「相手のトラッシュにあるサポートの枚数×40ダメージ」というテキストです。

基本的にデッキを回す上でサポートは必須な為、自動的に火力が向上し続けるようになっています。

攻撃倍率も40×と決して小さくない為、200に近い打点を出すことは難しくないでしょう。

尚且つ要求エネルギーは2個と軽い為、扱いやすく強力なわざだと言えるでしょう。

もう1つのわざ「ダイジュモク」は、180ダメージを与えることの出来るわざとなっています。

要求エネルギーは3個と「ミッシングフォレスト」より重くなっている為、「ミッシングフォレスト」の方が火力が出るのであれば使う必要はありません。

場面に余裕があり、「ミッシングフォレスト」の火力が鋳込めない場合にだけ使っていきましょう。

基本的には、【オーロットV】より【オーロットVMAX】の方が火力もあり耐久力もあります。

しかし、【オーロットV】自体も「シャドークロー」という相手の要求値を向上させられるわざを持っている為、余裕のある場合にはあえて進化させずに戦うという選択肢も残しておきましょう。

進化させる、させないは状況次第で適切に判断を下しましょう。

【オーロットV】を前に出し、「いのちをすいとる」や「シャドークロー」で戦いつつ進化させるタイミングを見極めましょう。

【オーロットVMAX】に進化させたら「ミッシングフォレスト」中心で戦い、相手のバトルポケモンを倒してしまいます。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO95|高耐久と高火力ザマゼンタフシギバナデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

特性によって手札を補充しつつ戦える【ザマゼンタV】、HPを回復しながら戦える高い耐久力を持った【フシギバナV】、2体のVポケモンが採用されているデッキ。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

【フシギバナV】は、わざ「リーフドレイン」と「すてみタックル」の2つのわざを持ちます。

「リーフドレイン」は、素点50で「このポケモンのHPを「30」回復する」というテキストを持ちます。

50ダメージと与えるダメージは小さいものの、HPを回復することが出来る為、【フシギバナV】自体の場持ちが非常に良くなります。

上手く活用しましょう。

「すてみタックル」は、素点190で「このポケモンにも30ダメージ」というテキストです。

デメリット効果はあるものの、190ダメージという高火力を相手に与えることが可能です。

また、この30ダメージは「リーフドレイン」によって回復することも可能な為、2つのわざを上手く使い分けていきましょう。

【ザマゼンタV】は、特性『おうじゃのかまえ』を持ちます。

この特性は「自分の番に1回使えて、使ったなら、自分の番は終わる。

自分の手札をすべてトラッシュし、山札を5枚引く」というもので、不要なカードをトラッシュに送りながら手札を補充できる特性となっています。

番が終わるというデメリットはあるものの、手札をリフレッシュし次のターンに繋げることの出来る非常に強力な特性だと言えるでしょう。

わざは「リベンジバースト」というわざを持っており、これは素点120で「相手がすでにとったサイドの枚数×30ダメージ追加」というテキストを持ちます。

序盤では120しかダメージが出ませんが、最大で270ダメージを与えることが可能な、終盤になればなるほど火力が上がる非常に強力なわざとなっています。

270ダメージを出すことが出来れば、ほとんどのVポケモンを一撃で倒すことが出来るでしょう。

その為にも、間に非ルールポケモンを絡めることで相手のサイド数をコントロールし、最大火力を出せるように立ち回っていきましょう。

序盤は【ザマゼンタV】の特性『おうじゃのかまえ』で手札をリフレッシュしながら場の展開を行っていきましょう。

次に【フシギバナV】を育て、「リーフドレイン」と「すてみタックル」を上手く使い分けつつ相手のバトルポケモンを倒します。

間に非ルールポケモンのアタッカーも絡めつつ、相手のサイドをコントロールし【ザマゼンタV】の「リベンジバースト」最大火力を相手に押し付けていきましょう。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO96|エネ加速×手札補充×高火力マリィのモルペコデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
マリィのプライド
※画像はズーム可能

【モルペコV】を軸としたデッキ。

【マリィのプライド】も4枚採用されておりエネルギー加速手段も豊富で、【レパルダス】の特性を使って山札からドローを行うことも可能となっており、万能型と言えるデッキになっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
マリィのプライド
※画像はズーム可能

序盤は【レパルダス】の展開を優先しましょう。

【レパルダス】は特性『とりひき』を持っており、この特性は「自分の番に、自分の手札を1枚トラッシュするなら、1回使える。自分の山札を2枚引く」というものです。

手札を1枚トラッシュするというデメリットはあるものの、不要な手札をトラッシュすれば良いだけであり、場の展開において大きな力となるでしょう。

それに加え、後述する【マリィのプライド】の効果とも相性が良く、元々強力な特性でありながらこのデッキとの相性も抜群となっています。

このデッキのメインアタッカーである【モルペコV】は、わざ「ハラペコスパイク」を持ちます。

このわざは素点120で「この番、手札から【マリィのプライド】を出して使っていたなら、120ダメージ追加」というテキストを持っています。

最大240ダメージを与えることが可能で、【マリィのプライド】を使ってさえいれば良いという軽い条件の為、簡単に240ダメージを出すことが可能となっています。

非常に強力な為、積極的に使っていきましょう。

【マリィのプライド】は、「自分のトラッシュから基本エネルギーを1枚選び、ベンチポケモンにつける」というテキストのサポートカードです。

トラッシュにあるエネルギーを再利用しながらのエネルギー加速が可能で、【モルペコV】のわざ「ハラペコスパイク」の火力向上にも繋がります。

マリィのプライド
※画像はズーム可能

このカードの欠点を上げるとすれば、【マリィのプライド】を使用すると、他のドロー効果系サポートカードを同じ番に使うことが出来なくなってしまう、という事です。

ただ、このデッキにおいては【レパルダス】の特性『とりひき』でドローが可能で、そのデメリットは実質無効化できています。

カード同士の噛み合いが良く、この欠点自体はあまり気にならないものとなっています。

序盤は【レパルダス】の展開を最優先で行い、『とりひき』を使って不要な手札や悪エネルギーをトラッシュしながら手札を補充していきましょう。

【モルペコV】が用意出来たら【マリィのプライド】を使い、「ハラペコスパイク」240ダメージで相手のバトルポケモンを素早く倒してしまいます。

カード同士を上手く組み合わせ、安定した火力を押し付けられるように意識しつつデッキを回して行きましょう。

マリィのプライド
※画像はズーム可能
ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO97|ドラゴンの力を見よ竜バレットデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

【ジュラルドンV】と【ジジーロンV】、2体のVポケモンが採用されているデッキ。

ドラゴンポケモンばかりで構成されており、Vポケモン、非ルールポケモン関係なく優秀なポケモンが多く採用されています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

序盤は【ジジーロン】を前に出し、【チルット】を場に出すことを目指しましょう。

【ジジーロン】は、わざ「なかまをよぶ」を持っています。

このわざは「自分の山札からたねポケモンを2枚まで選び、ベンチに出す。

そして山札を切る」というもので、一気に場を展開する事が可能となっています。

尚且つ要求エネルギーも無色エネルギー1個と軽く、扱いやすいものとなっています。

【ジジーロン】で展開を行いつつ、【チルット】の用意も進めましょう。

【チルット】から進化する【チルタリス】は特性『いざなうしらべ』を持ち、この特性は「自分の番に1回使える。

チルタリス
※画像はズーム可能

自分の山札からサポートを1枚選び、相手に見せる。

残りの山札を切り、選んだカードを山札の上にもどす」というものです。

直接手札に加えることは出来ませんが、山札の一番上のカードをサポートカードにしておくことで、次のターンの動きを確実なものとできるでしょう。

用意出来るだけで戦いが非常に楽になる為、【チルタリス】は素早く場に用意していきましょう。

場の展開を終えたら、【ジュラルドンV】を育成しておきましょう。

このポケモンは、「ワイドブレイカー」というわざを持っています。

このわざは素点140で「次の相手の番、このワザを受けたポケモンが使うワザのダメージは「-30」される」というテキストを持っています。

相手にダメージを与えつつ自分の耐久力を底上げすることも出来、非常に強力なわざとなっています。

わざを使う為のエネルギーは闘エネルギー1個鋼エネルギー2個と重くなってはいますが、【マリィのプライド】を上手く活用すればそこまで高いハードルではありません。

マリィのプライド
※画像はズーム可能

【チルタリス】の特性『いざなうしらべ』で持ってきつつ、素早く攻撃を仕掛けていきましょう。

序盤は【ジジーロン】の「なかまをよぶ」で展開していきます。

【チルット】が用意出来たら『いざなうしらべ』を使ってサポートをサーチしつつ、【ジュラルドンV】などのアタッカーを素早く育成していきましょう。

あとはエネルギーを付け、相手のポケモンに攻撃を仕掛けサイドを取り切る事を目指していきます。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO98|決めろダイツララリーフィアグレイシアデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
リーフィアV グレイシアVMAX
※画像はズーム可能

【リーフィアV】、【グレイシアVMAX】を軸としたデッキ。

【グレイシアVMAX】は特性によってVMAXポケモンに対して無類の強さを誇り、一方的に無力化することも可能となっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
リーフィアV グレイシアV
※画像はズーム可能

序盤はポケモンを素早く展開しましょう。

特に、【リーフィアV】と【グレイシアV】は優先的に場に出すことを狙います。

【リーフィアV】は、特性によってエネルギー加速が可能となっています。

特性『りょくかさいぼう』は、「自分の番に1回使えて、使ったなら、自分の番は終わる。

自分の山札から草エネルギーを1枚選び、自分のポケモンにつける。

そして山札を切る」というものです。

自分の番が終わるというデメリットはあるものの、最序盤のそもそも攻撃する事自体難しいような時にはデメリットがあってないようなものであり、非常に強力な特性だと言えるでしょう。

また、わざ「リーフブレード」は素点90で「コインを1回投げオモテなら、60ダメージ追加」というテキストを持っており、最大150ダメージを与えることが可能となっています。

素点自体も決して悪くはない打点の為、扱いやすいわざだと言えるでしょう。

【グレイシアVMAX】は、特性『クリスタルヴェール』を持っています。

この特性は「このポケモンは、相手の「ポケモンVMAX」(「グレイシアVMAX」をのぞく)からワザのダメージを受けない」というもので、相手のVMAXポケモンを一方的に無力化することが可能です。

相手がVMAXポケモンを使ってくるデッキの場合は、積極的に前に出して戦っていきましょう。

リーフィアV グレイシアVMAX
※画像はズーム可能

わざ「ダイツララ」は、素点150で「相手のベンチポケモン1匹にも、30ダメージ。

[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]」というテキストです。

バトル場に大きなダメージを与えつつ相手のベンチにもダメージを与えることが出来、非常に強力なわざだと言えるでしょう。

序盤は【リーフィアV】と【グレイシアVMAX】の展開を狙っていきましょう。

【リーフィアV】さえ場に用意できれば、特性の『りょくかさいぼう』で場のエネルギー加速が可能です。

【グレイシアVMAX】にエネルギーを付けておき、「ダイツララ」を使って相手の場にダメージを蓄積させていきましょう。

【リーフィアV】と【グレイシアVMAX】、2体のアタッカーを使い分けて戦いながらデッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO99|ふしぎなしっぽでグッズをサーチエースバーンネクロズマデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

【エースバーンV】と【ネクロズマV】の2体のVポケモンが採用されているデッキ。

特性「ふしぎなしっぽ」を持つ【ミュウ】が採用されており、安定して手札にグッズを呼び込むことが可能となっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
ハイパーボール
※画像はズーム可能

このデッキに採用されている【ミュウ】は、特性『ふしぎなしっぽ』を持ちます。

この特性は「このポケモンがバトル場にいるなら、自分の番に1回使える。

自分の山札を上から6枚見る。

その中からグッズを1枚選び、相手に見せて、手札に加える。

残りのカードは山札にもどして切る」というもので、確定サーチではないもののグッズを手札に加えられるようになっています。

【ハイパーボール】や【スーパーボール】などを加えることで、場面展開の一助にもなってくれる特性だと言えます。

デメリットも無い為、積極的に使っていきましょう。

【ネクロズマV】はわざ「プリズムレイ」を持っています。

このわざは、素点20で「相手のベンチポケモン2匹にも、それぞれ20ダメージ。

[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない」というテキストを持ちます。

尚且つエネルギー要求も超エネルギー1個と軽く、その上ベンチ含め3体のポケモンにダメージを与えられる、非常に優秀なわざだと言えるでしょう。

「スペシャルレーザー」は、素点100に加え「このポケモンに特殊エネルギーがついているなら、120ダメージ追加」というテキストを持ちます。

特殊エネルギーを付けるだけで220ダメージ出すことが出来、Vポケモンですら一撃で倒すことも出来るでしょう。

序盤は「プリズムレイ」で相手のベンチ、バトル場に同時にダメージを与えて削りながら戦い、特殊エネルギーを付け用意が出来たら「スペシャルレーザー」で220ダメージを与えて相手を倒していきましょう。

序盤は【ミュウ】の『ふしぎなしっぽ』を使い、グッズを手札に加えつつ場にポケモンを
展開していきましょう。

そして、その間に【ネクロズマV】などのアタッカーを育成していきます。

【ネクロズマV】は「プリズムレイ」で相手の場のポケモンのHP削りつつ戦い、用意が出来たら「スペシャルレーザー」の高火力を押し付けていきましょう。

このデッキにはエネルギー加速手段がほとんど採用されていない為、エネルギー要求が低いポケモンを上手く活用しつつデッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO.100|ジョウトの守護者三聖獣デッキ

デッキリスト

 

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
ライコウV
※画像はズーム可能

特性で山札から1枚ドローすることが出来、お互いのベンチポケモンの数の分だけ火力の上がるわざを持つ【エンテイV】、【スイクンV】、【ライコウV】の3体のVポケモンが採用されているデッキ。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
スイクンV
※画像はズーム可能

このデッキに採用されている3体のVポケモン、【エンテイV】、【スイクンV】、【ライコウV】は、3体とも同じような性能となっています。

3体のVポケモンは、特性「しゅんそく」を持っています。

これは「このポケモンがバトル場にいるなら、自分の番に1回使える。

自分の山札を1枚引く」というもので、デメリット無しで山札から1枚カードを引くことが出来るものです。

この特性自体が直接的に場の展開等に関わってくることはあまり多くありませんが、シンプルに1枚引ける、というだけで十分に強力なものだと言えるでしょう。

また、わざは【エンテイV】が炎エネルギー1個無色エネルギー1個要求の「バーニングロンド」、【スイクンV】が水エネルギー1個無色エネルギー1個要求の「ブリザードロンド」、【ライコウV】が雷エネルギー1個無色エネルギー1個要求の「ライトニングロンド」、となっています。

これらは、名称と要求エネルギー1種のタイプが違うものの、性能は一緒となっています。

素点20で「おたがいのベンチポケモンの数×20ダメージ追加」というもので、最大220ダメージを相手に与えることが可能となっています。

自分のベンチポケモンの数を維持しつつ、高火力を押し付けていきましょう。

【エンテイV】、【スイクンV】、【ライコウV】の3体は、性能的には同じようなものとなっています。

違いとしては、タイプとHP、わざの要求エネルギーのタイプと逃げるエネルギー、といったところでしょう。

性能的に同じである以上3体の使い分けもし易く、一方的に弱点を突かれないというのはこのデッキの大きな強みだと言えます。

序盤は、とにかく【エンテイV】、【スイクンV】、【ライコウV】の3体を並べることを目指しましょう。

そして他のベンチポケモンも並べつつ、アタッカーにエネルギーを付けていきます。

【エンテイV】、【スイクンV】、【ライコウV】の内育成し終えたポケモンからバトル場に出し、ついでに「しゅんそく」でドローもしながら安定して高火力を押し付けつつ戦いましょう。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら