スタートデッキ100・NO51~NO60デッキリストまとめ

スタートデッキ100

この記事を書いた人

K-五十嵐

ジムバトル優勝経験多数、PTCGOドはまり、現在は親子でもっぱらポケカ。

はじめに

今回ポケカSTARTでは、スタートデッキ100のデッキリスト(カードリスト)をご紹介致します。

デッキの内容は当然ながら、使い方や改造方法など初心者にも分かりやすく徹底的に解説しています。是非参考にしてみてください。

スタートデッキ100・NO51|カッチカチ鋼ビートデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

【メタグロスV】、【アーマーガアV】といった2体のVポケモンをはじめとし、鋼ポケモンがメインで採用されているデッキ。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

メタグロスV】は、「バレットパンチ」と「シンクロハンマー」、2つのわざを持ちます。

「バレットパンチ」は素点20、「コインを2回投げ、オモテの数×20ダメージ追加」というわざで、最大60ダメージを望むことが可能です。

「シンクロハンマー」は素点60で「このポケモンと相手のバトルポケモンについているエネルギーの数が同じなら、90ダメージ追加」というテキストを持ち、最大150ダメージを与えることが可能です。

尚且つ鋼エネルギー1個と無色エネルギー1個の合計2個でわざ宣言が可能で、要求エネの少なさに反して中々のダメージを与えられる優秀なわざとなっています。

序盤は要求エネルギーが少ない【メタグロスV】で戦っていきましょう。

HPが220あり倒されにくいということもある為、【メタグロスV】を前に出しながら自分の場の準備を整えていきましょう。

マリィのプライド
※画像はズーム可能

【アーマーガアV】は、「わしづかみ」と「スカイハリケーン」、2つのわざを持ちます。

「わしづかみ」は素点30で「次の相手の番、このワザを受けたポケモンは、にげられない」というテキストを持っており、相手が育成していないポケモンを強制的に縛り付けることが可能です。

「スカイハリケーン」は素点190で、「次の自分の番、このポケモンは「スカイハリケーン」が使えない」というテキストを持っています。

3エネルギー要求と使い勝手はよくありませんが、高打点が望める為上手く使っていきましょう。

このデッキにおいて、アタッカーの育成は手貼りだけでなく【マリィのプライド】も活用しましょう。

このカードはこのデッキに採用されているエネルギー加速手段であり、「自分のトラッシュから基本エネルギーを1枚選び、ベンチポケモンにつける」というテキストを持っています。

場に出したポケモンを即座に起動できる為、積極的に使っていきましょう。

序盤は【メタグロスV】で戦い、その間に【アーマーガアV】などのアタッカーを育成していきましょう。

エネルギーが足りない場合は【マリィのプライド】を使って加速していき、相手に一方的に攻撃され続けないように気を付けます。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

※画像はズーム可能
ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO52|茶色い悪魔?サダイジャVMAXデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

【サダイジャVMAX】を軸としたデッキ。

わざ「サンドインパルス」で相手のベンチにダメージを蓄積させながら「キョダイサイクロン」で場のエネルギーを動かすことが出来、柔軟な戦い方が可能になっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

エースアタッカーは【サダイジャVMAX】なのですが、このデッキにはポケモンをサーチする手段があまり多くありません。

ですので、【サダイジャVMAX】を準備できるまでは周りの非ルールポケモン主体で戦っていきましょう。

【ガーディ】は非ルールのたねポケモンで、わざ「あたためる」で場のエネルギー加速が可能になっています。

「あたためる」は、無色エネルギー1個で使え、「自分の山札から炎エネルギーを1枚選び、自分のポケモンにつける。

そして山札を切る」というテキストです。

自身だけでなく他のポケモンにもエネ加速でき、非常に使いやすいわざとなっています。

【ガーディ】は【ウインディ】に進化させることで、相手に160ダメージを与えることの出来る「ヒートタックル」を使えるようにもなります。

場面次第で上手く活用していきましょう。

ある程度場面を整えつつ、【サダイジャVMAX】が用意出来次第バトル場に出して戦っていきましょう。

【サダイジャVMA】は「サンドインパルス」と「キョダイサイクロン」、2つのわざを持っています。

「サンドインパルス」は、素点60で「相手のベンチポケモン全員にも、それぞれ20ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]」というテキストを持ちます。

使えば使うほど相手の盤面にダメージが蓄積していく為、複数回使うことが望まれます。

「キョダイサイクロン」は、素点180で「自分の場のポケモンについているエネルギーを好きなだけ選び、自分のポケモンに好きなようにつけ替える」というテキストです。

傷ついたポケモンに付いたエネルギーを他のポケモンに移すことで、攻撃の手を緩めず継続して戦うことが出来るようになっています。

序盤は【ガーディ】で戦いながら、「あたためる」で場のエネルギーを増やしていきましょう。

【ウインディ】に進化もさせながら戦い、【サダイジャVMAX】の用意を進めます。

【サダイジャVMAX】の用意が出来たら「サンドインパルス」で相手のベンチにダメージを蓄積させ、「キョダイサイクロン」で場のエネルギーを移しながら戦う。

この流れを意識してデッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO53|ゴミしゅうきの恐怖ダストダスペンドラーデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

【サンダースV】と【ダストダスV】2体のVポケモンが採用されているデッキ。

【ダストダスV】の「ゴミしゅうき」で相手をどくにさせ、【ペンドラー】の「ベノムショック」でトドメを刺していきましょう。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

【ダストダスV】は、「ゴミしゅうき」と「ヘドロばくだん」2つのわざを持ちます。

このデッキにおいては、「ゴミしゅうき」の使い方が特に重要になってくることを覚えておきましょう。

「ゴミしゅうき」は、素点40で「相手のバトルポケモンをどくにする。

次の相手の番、このワザを受けたポケモンは、にげられない」というテキストです。

相手をどくにさせ逃げられなくすることで、相手はどくを回復できずダメージが蓄積していきます。

元々のわざダメージは40と控えめですが、想像以上に相手にダメージが蓄積していくでしょう。

「ゴミしゅうき」は、【カウンターキャッチャー】と組み合わせるプランも有効です。

【カウンターキャッチャー】で相手が育成していないポケモンを無理矢理バトル場に引きずり出し、「ゴミしゅうき」で逃げられなくすることで相手に負荷をかけていきましょう。

時間稼ぎとしても非常に強力な内容になる為、必要な場面で上手く活用しましょう。

「ヘドロばくだん」は、素点130を出すことができるわざとなっています。

「ゴミしゅうき」などでHPを削った相手に使い、上手く倒していきましょう。

【ペンドラー】は、わざ「ベノムショック」を持ちます。

このわざは素点100で「相手のバトルポケモンがどくなら、120ダメージ追加」というテキストを持ち、最大で220ダメージを相手に与えることが可能となっています。

220というダメージはほとんどのVポケモンを一撃で倒すことが出来、強力なわざとなっています。

【ダストダス】の「ゴミしゅうき」で相手をどくにさせ、【ペンドラー】の「ベノムショック」でトドメを刺す。

「ゴミしゅうき」40+どくダメージ2ターン20+「ベノムショック」220の合計280ダメージで、相手のアタッカーをどんどん倒していきましょう。

【ダストダスV】の「ゴミしゅうき」で相手をどくにしながら、「ヘドロばくだん」も絡めつつ戦う。

【ペンドラー】が用意出来たら「ベノムショック」を使って220ダメージを与え、相手を一撃で倒していきます。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO54|VポケモンキラービクティニVMAXデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
ビクティニVMAX ビクティニV
※画像はズーム可能

【ビクティニVMAX】を軸としたデッキ。「ダイビクトリー」でVポケモンに対して220ダメージを与えることが可能で、素早く相手を倒すことに特化したデッキとなっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
ビクティニV ビクティニVMAX
※画像はズーム可能

【ビクティニVMAX】を最優先で場に用意していきましょう。

このポケモンは「ひろがるほのお」を持っており、場のエネルギー加速を行う事が可能です。

「ひろがるほのお」は、「自分のトラッシュから炎エネルギーを3枚まで選び、自分のポケモンに好きなようにつける」というテキストです。

【博士の研究】などでトラッシュに送らざるを得なかったエネルギーの有効活用にもなり、上手く使えれば非常に心強いものとなるでしょう。

【ビクティニVMAX】のもう1つのわざ「ダイビクトリー」は、素点100で「相手のバトルポケモンが「ポケモンV」なら、120ダメージ追加」というテキストを持っています。

Vポケモン限定とはいえ220ダメージを相手に与えることが出来、非常に強力なわざと言えるでしょう。

要求エネルギーも炎エネルギー1個無色エネルギー1個合計2個と非常に軽く、最速で2ターン目から「ダイビクトリー」を使っていくことも難しくはありません。

積極的に狙っていきましょう。

サブアタッカーも豊富な為、上手く使っていきましょう。

特に【ボルトロス】は「アシストスパーク」、素点30で「のぞむなら、自分の手札から雷エネルギーを1枚選び、ベンチポケモンにつける」というわざを持っています。

相手にダメージを与えながらベンチのポケモンの育成が可能な為、上手く活用しましょう。

また、このデッキには【ポケモンキャッチャ―】が4枚採用されていることは忘れてはいけません。

このカードは「コインを1回投げオモテなら、相手のベンチポケモンを1匹選び、バトルポケモンと入れ替える」というテキストで、強制的に相手のベンチポケモンをバトル場に引きずり出すことが可能です。

相手のベンチにいるVポケモンをバトル場に呼び出し、【ビクティニVMAX】の「ダイビクトリー」を使い一撃で倒してしまいましょう。

【ビクティニVMAX】を素早く用意し、「ひろがるほのお」で場のエネ加速を行う。

あとは【カウンターキャッチャー】も絡めながら、【ビクティニVMAX】の「ダイビクトリー」で素早く相手のVポケモンを倒して素早くサイドを取り切ってしまいましょう。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO55|決めろマディメーカーゲッコウガインテレオンデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
インテレオンV
※画像はズーム可能

【ゲッコウガV】、【インテレオンV】2体のVポケモンが採用されているデッキ。

同じく採用されている【ラグラージ】の特性「マディメーカー」によって、場のエネルギー加速も可能となっています

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

まずは場に【ラグラージ】を複数体用意することを意識しましょう。

このポケモンは特性『マディメーカー』を持っており、この特性は「自分の番に1回使える。

自分の手札から水または闘エネルギーを1枚選び、自分のポケモンにつける」というものです。

【ラグラージ】を場に用意できれば出来るほどエネルギー加速が行え戦いやすくなる為、最優先で場に用意していきましょう。

【ラグラージ】自体もわざ「じしん」を持っており、相手に180ダメージを与えることが可能です。

「自分のベンチポケモン全員にも、それぞれ20ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]」というデメリット効果がある為連発は出来ませんが、非ルールポケモンとしては破格の性能をしていると言えるでしょう。

【ゲッコウガV】は、「しゅりけんらんぶ」というわざを持っています。

このわざは「コインを3回投げ、オモテの数×80ダメージ」というテキストで、最大240ダメージを与えることができるわざとなっています。

要求エネルギーは3個と軽くはありませんが、【ラグラージ】の『マディメーカー』によってエネ加速も可能な為、気軽に使える高打点わざとなってくるでしょう。

【インテレオンV】は、わざ「アクアバレット」を持ちます。

このわざは素点120で「相手のベンチポケモン1匹にも、20ダメージ。

[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]」というテキストを持っており、相手のバトル場とベンチに同時にダメージを与えることが可能です。

相手がダメージを負ったポケモンをベンチに下げたとしても「アクアバレット」で追撃し、確実に倒してしまいましょう。

序盤は【ラグラージ】の用意を最優先で行い、複数体場に用意していきましょう。

『マディメーカー』を1ターンに複数回使えるようになったら【ゲッコウガV】の「しゅりけんらんぶ」で240ダメージを狙いながら戦い、相手が傷ついたポケモンをベンチに下げたら【インテレオンV】の「アクアバレット」で追撃し確実に倒してしまいましょう。

この流れを意識しながら、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO56|サポート確定サーチスイクンチルタリスデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
スイクンV
※画像はズーム可能

【スイクンV】と【ジジーロンV】2体のVポケモンが採用されているデッキ。

【チルタリス】と【スイクンV】2体のポケモンの特性を組み合わせることで、サポートカードを確実に手札に加えられることも強みとなっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
チルタリス スイクンV
※画像はズーム可能

まずは【チルタリス】を場に用意することを最優先で行っていきましょう。

【チルタリス】は特性『いざなうしらべ』を持ち、これは「自分の番に1回使える。

自分の山札からサポートを1枚選び、相手に見せる。

残りの山札を切り、選んだカードを山札の上にもどす」というものです。

手札に加えることは出来ませんが次引くカードを確定させることが出来、非常に強力な特性だと言えるでしょう。

また、【チルタリス】はアタッカーとして運用できるポケモンではありませんが、逃げるエネルギーが0で非常に扱いやすくなっています。

自分のバトルポケモンが倒された際にはとりあえず【チルタリス】を前に出し、選択肢を広げておきましょう。

【スイクンV】は、特性『しゅんそく』を持ちます。

この特性は「このポケモンがバトル場にいるなら、自分の番に1回使える。

自分の山札を1枚引く」というもので、【チルタリス】の特性『いざなうしらべ』と組み合わせることで、山の一番上に持ってきたサポートカードを確定で手札に加えることが可能になってきます。

わざは「ブリザードロンド」、素点20で「おたがいのベンチポケモンの数×20ダメージ追加」というテキストを持っています。

最大で220ダメージを相手に与えることが可能で、相手のVポケモンを一撃で倒すことが出来るポテンシャルを持っています。

「いざなうしらべ」で【ボスの指令】を山の上に持ってきておき、「しゅんそく」で手札に加える。

【ボスの指令】を使い相手のベンチポケモンをバトル場に呼び出し、「ブリザードロンド」で倒していく。

この流れを上手く決めていきましょう。

【スイクンV】は、メインアタッカーでありながら【チルタリス】と組み合わせることで山を潤滑に回す役割もこなせます。

【チルタリス】を素早く展開し、【スイクンV】の強力さを向上させましょう。

まずは【チルタリス】を展開し、【スイクンV】も用意していく。

準備が出来たら『いざなうしらべ』と『しゅんそく』のコンボを組み合わせ、【スイクンV】の「ブリザードロンド」で相手のポケモンを素早く倒すことでサイドを取り切ってしまいます。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO57|超強力エンテイガラルファイヤーデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
ガラルファイヤーV
※画像はズーム可能

特性『しゅんそく』で山札を引きながら最大220ダメージを出せる【エンテイV】、特性『じゃえんのつばさ』で自身のエネルギー加速しながら、190ダメージを出すことの出来る【ガラルファイヤーV】、2体の強力なVポケモンが採用されているデッキ。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
ガラルファイヤーV
※画像はズーム可能

まずは【エンテイV】と【ガラルファイヤーV】、2体のVポケモンを場に用意できるようにしていきましょう。

どちらも強力なポケモンの為、用意さえできれば戦いを有利に進めることが可能です。

最優先で狙っていきましょう。

【エンテイV】は特性『しゅんそく』を持ちます。

この特性は「このポケモンがバトル場にいるなら、自分の番に1回使える。

自分の山札を1枚引く」というもので、デメリット無しでただドローが行えるというものです。

1枚引くだけでは大きく盤面に影響を及ぼせませんが、1ターンに引ける枚数が1枚増えるというだけでも十分です。

積極的に使っていきましょう。

わざは「バーニングロンド」、素点20で「おたがいのベンチポケモンの数×20ダメージ追加」というテキストを持っています。

最大220ダメージを与えることが可能で、要求エネルギーも2個と少なく非常に扱いやすいわざとなっています。

【ガラルファイヤーV】は、特性『じゃえんのつばさ』を持ちます。

この特性は「自分の番に1回使える。

自分のトラッシュから悪エネルギーを1枚選び、このポケモンにつける。

この番、すでに別の『じゃえんのつばさ』を使っていたなら、この特性は使えない」というもので、自身のエネルギー加速を行える内容となっています。

トラッシュに悪エネルギーがありさえすれば良い為、手貼りが無くとも自動的に育成が完了するでしょう。

わざは「オーラバーン」、素点190で「このポケモンにも30ダメージ」というデメリット効果を持つわざです。

デメリットがある以上あまり連発することはできませんが、そもそものダメージが高く連発する必要はあまりないでしょう。

【エンテイV】と組み合わせて、相手のポケモンを素早く倒してしまいましょう。

【エンテイV】を場に用意し、特性「しゅんそく」でドローしながら「バーニングロンド」でダメージを与える。

その間に【ガラルファイヤーV】を場に用意し、特性『じゃえんのつばさ』で攻撃準備を整えておきましょう。

回し方としてはこれだけで、非常にシンプルなものとなります。

2体のVポケモンが持つ特性を上手く使い、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO58|月と太陽のデッキエーフィブラッキーデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
ブラッキーV
※画像はズーム可能

【ブラッキーV】と【エーフィV】2体のVポケモンを採用したデッキ。

【エーフィV】のわざと【オーロンゲ】のわざで、ベンチ狙撃も可能になっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
ブラッキーV
※画像はズーム可能

【エーフィV】はわざ「しねんのだんがん」と、「ちょうねんりき」2つのわざを持っています。

「しねんのだんがん」は「相手の「ポケモンV」1匹に、60ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]」というテキストで、超エネルギー1個で使うことが出来ます。

Vポケモンだけという制限はありますが、バトル場、ベンチ問わず60ダメージを与えられる非常に強力なわざとなっています。

もう1つのわざ「ちょうねんりき」は、素点120のわざです。

打点は控えめで特に効果もない為、あまり頻繁に使うわざとは言えないでしょう。

基本的に【エーフィV】は、相手のVポケモンにダメージを与え続ける役割と考えて問題ありません。

「しねんのだんがん」で相手のベンチポケモンのHPを削ってしまいましょう。

【ブラッキーV】は「くろいまなざし」と「げっこうのやいば」2つのわざを持っています。

「くろいまなざし」は素点30で「次の相手の番、このワザを受けたポケモンは、にげられない」というテキストを持ちます。

相手のバトルポケモンをバトル場に縛り付けることで、相手の動きを阻害してしまいましょう。

「げっこうのやいば」は、素点80で「このポケモンにダメカンがのっているなら、80ダメージ追加」というテキストを持ちます。

最大で160ダメージを与えることができ、相手のバトルポケモンとの殴り合いにおいて非常に扱いやすいものとなってきます。

上手く活用しましょう。

【エーフィV】と【ブラッキーV】で戦っている間に、ベンチに【オーロンゲ】を用意しておきましょう。

このポケモンは「ロンゲシュート」というわざを持ち、このわざは「相手のポケモン1匹に、このポケモンについている悪エネルギーの数×30ダメージ。

[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。

]」というテキストを持っています。

エネルギーを付けた数の分火力が上がる為、【オーロンゲ】にエネルギーを集中させておきましょう。

【オーロンゲ】はエネルギー次第でVポケモンでさえ一撃で倒すことが出来る為、上手く運用しましょう。

まずは【エーフィV】と【ブラッキーV】で戦っていきましょう。

ベンチに【オーロンゲ】を用意し、【オーロンゲ】にエネルギーを集中させます。

用意が完了したらバトル場に出し、相手のポケモンをバトル場ベンチ問わず倒していきましょう。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO59|犬猿の仲?いいや相性抜群グランブルザルードデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
ザルードV
※画像はズーム可能

【ザルードV】、【グランブルV】2体のVポケモンが採用されているデッキ。

どちらも高火力を出すことが可能で、攻撃的なポケモンが主体となったデッキだと言えるでしょう。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
キバナ
※画像はズーム可能

このデッキには優秀なアタッカーが採用されていますが、まず序盤は【ジジーロン】から入りましょう。

このポケモンはわざ「なかまをよぶ」を持ち、このわざは「自分の山札からたねポケモンを2枚まで選び、ベンチに出す。

そして山札を切る」というテキストです。

尚且つわざの要求エネルギーは無色エネルギー1個と扱いやすく、場の展開を行う上で大きな助けになってくるでしょう。

また、【ジジーロン】は倒されてもかまいません。

むしろサポートの【キバナ】が使えるようになる為、あえて倒させるというプレイングも大事になってくるでしょう。

【キバナ】は、「このカードは、前の相手の番に、自分のポケモンがきぜつしていなければ使えない。

自分のトラッシュから基本エネルギーを1枚選び、自分のポケモンにつける。

その後、自分の山札から好きなカードを1枚選び、手札に加える。

そして山札を切る」というテキストです。

エネ加速を行いながら山札から好きなカードを持ってくることの出来る性能を持つカードの為、上手く活用していきましょう。

【ザルードV】は、わざ「ジャングルレイジ」を持ちます。

このわざは素点120で「相手のバトルポケモンが「ポケモンV」なら、120ダメージ追加」というテキストを持っています。

最大で240ダメージを与えることが出来、相手のVポケモンを一撃で倒す事さえ可能になるでしょう。

【グランブルV】はわざ「ブルダッシュ」を持ちます。

このわざは素点190と高打点の代わりに「このポケモンにも30ダメージ」というデメリット効果を持っており、連発することはあまりおすすめできません。

ただし、一発の威力が高い為連発するような状況は発生し辛く、高打点の出せる頼もしいポケモンとなるでしょう。

【ジジーロン】で「なかまをよぶ」を使いながら場の展開を行い、【ザルードV】と【グランブルV】を用意しておく。

【ジジーロン】が倒されたら【キバナ】を使ってエネ加速と山札から好きなカードの確定サーチを行い、盤面を完璧なものへと作り上げていきましょう。

あとは相手を攻撃し続け、サイドを取り切ります。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら

スタートデッキ100・NO60|燃える稲妻コケコバシャーモデッキ

デッキリスト

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
※画像はズーム可能

相手に210ダメージを与えることの出来る【バシャーモV】、相手にエネルギーが付いていればいるほど火力の上がる【カプ・コケコV】、2体のVポケモンが採用されているデッキ。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
※画像はズーム可能

【バシャーモV】は「とびひざげり」と「ほのおのうず」、2つのわざを持っています。

「とびひざげり」は無色エネルギー2個で50ダメージのわざ、「ほのおのうず」は炎エネルギー2個無色エネルギー2個合計4エネルギー要求で素点210、「このポケモンについているエネルギーを2個選び、トラッシュする」というテキストを持ったわざとなっています。

【バシャーモV】はわざがどちらもエネルギー要求が重く、手貼りだけでは起動するまでに相当時間がかかってしまいます。

その為、序盤で前に出して戦う必要は全くないという事を覚えておきましょう。

【バシャーモV】を育てる為には、【ガーディ】を上手く活用しましょう。

【ガーディ】はわざ「あたためる」を持ち、このわざは「自分の山札から炎エネルギーを1枚選び、自分のポケモンにつける。

そして山札を切る」というテキストです。

無色エネルギー1個で使えるエネルギー加速わざであり、このデッキ内における唯一のエネルギー加速手段となっています。

序盤は【ガーディ】を前に出し、場のエネルギー加速を素早く完了させましょう。

【カプ・コケコV】はわざ「エレキボール」と「スパイラルサンダー」を持っています。

「エレキボール」は素点40のわざで、「スパイラルサンダー」は素点20で「相手の場のポケモンについているエネルギーの数×40ダメージ追加」というテキストを持つわざです。

特に「スパイラルサンダー」は相手次第とはいえ高火力の出るわざの為、上手く活用していきましょう。

【カプ・コケコV】はエネルギー1個で使えるわざを持ち、相手依存とはいえ高火力を出せるわざを持っています。

【バシャーモV】は育ち切るまでに時間がかかってしまう為、準備が整うまでは【カプ・コケコV】をメインアタッカーとして戦っていきましょう。

序盤は【ガーディ】をバトル場に出し、「あたためる」を使ってエネルギー加速を行います。

そのあとは【カプ・コケコV】で戦っていき、準備が整ったら【バシャーモV】で戦っていきましょう。

この流れを意識し、デッキを回して行きましょう。

ガチデッキへ改造

購入したデッキを使ってガチデッキへ改造してみましょう。

他のデッキNOはこちら