ビクティニVMAXデッキレシピまとめ【最新ポケカ環境】

,

この記事を書いた人

K-五十嵐

ジムバトル優勝経験多数、PTCGOドはまり、現在は親子でもっぱらポケカ。

当サイトオリジナルデッキデッキ

今回ポケカSTARTでは、ビクティニVMAXブラッキーVのデッキレシピ(デッキリスト)をご紹介致します。

デッキの内容は当然ながら、使い方や改造方法など初心者にも分かりやすく徹底的に解説しています。また、現環境に対しての対策などもお伝えしております。是非参考にしてみてください。

バトルリージョン環境

スターバース環境

フュージョンアーツ環境

ビクティニVMAX・ブラッキー型

基本デッキレシピ(デッキリスト)

デッキコードやカード名はこちら

デッキパーツを格安で集める

Amazonで探す駿河屋で探す

遊々亭で探すトレトクで探す

デッキの特徴や回し方
ビクティニVMAX ミュウツー&ミュウGX
※画像はズーム可能

【ビクティニVMAX】と【ミュウツー&ミュウGX】の二種類のアタッカーを使い分けながら、【ブラッキーVMAX】の特性「ダークシグナル」で相手のベンチポケモンを狙撃することのできるデッキとなっています。

非常に多彩なアタッカーが採用されており、【ミュウツー&ミュウGX】の特性「パーフェクション」で技をコピーする対象も豊富なことから、プレイ難易度は非常に高いものとなっています。

デッキの使い方(回し方)を徹底解説
ビクティニVMAX ブラッキーVMAX
※画像はズーム可能

基本は【ビクティニVMAX】で戦っていきましょう。Vポケモン相手限定とはいえ2エネで220点を出すことのできる「ダイビクトリー」は非常に強力で、【ブラッキーVMAX】の特性「ダークシグナル」と併用することで先行2ターン目から相手のアタッカーⅤポケモンを即座に倒すことが出来、VMAXになる前に倒すことで対戦テンポを取ることが可能になっています。

相手のアタッカーがVポケモンではなかった場合、【ミュウツー&ミュウGX】で戦っていきましょう。

【オーロラエネルギー】を付ける事で【ラフレシアGX】の技「だいかいか」をコピーできるようになり、2エネで打点180点を出すことが可能になっています。

他にも【ゲンガー&ミミッキュGX】の「ホラーハウスGX」をコピーする事で相手の行動を阻害したり、【レシラム&リザードンGX】の「フレアストライク」で230打点、「ダブルブレイズGX」で300打点と、その場に適した技を選択して戦いましょう。

ゲンガー&ミミッキュGX 頂への雪道
※画像はズーム可能

このデッキの弱点として、【頂への雪道】に対する耐性が非常に低いということがあります。

【ブラッキーVMAX】の特性を止められると相手のベンチのポケモンをバトル場に呼び出しづらくなりますし、【ミュウツー&ミュウGX】の特性を止められるとそもそも攻撃する事が困難になってしまいます。

早い段階で「リセットーホール」を持つ【マーシャドー】をベンチに出しておくことで、【頂への雪道】ケアを行っておきましょう。

【混沌のうねり】を貼っておくことでも対応できますが、【巨大なカマド】を自分が出しづらくなってしまうというデメリットがある為、【マーシャドー】を場に出す方が邪魔にならず楽に対応できるでしょう。

有利不利なデッキや対策
はくばバドレックスVMAX インテレオン
※画像はズーム可能

メインアタッカーである【ビクティニVMAX】、【ミュウツー&ミュウGX】を一撃で倒す手段のあるデッキは非常に苦手としています。

特に【はくばバドレックスVMAX】デッキは苦手で、【ビクティニVMAX】は水弱点の為一撃で倒され、【ミュウツー&ミュウGX】は【はくばバドレックスVMAX】の「ダイランス」250打点と【インテレオン】の特性「クイックシューター」で簡単に倒されてしまいます。

その上デッキに採用されているスタジアムが【頂への雪道】であるケースが非常に多く、不利対面な上に行動の阻害も行われ、非常に苦しい戦いを強いられます。

アルセウス&ディアルガ&パルキアGX ザシアンV
※画像はズーム可能

反面、【アルセウス&ディアルガ&パルキアGX】主体の三神デッキには有利に立ち回れます。

三神デッキは【ビクティニVMAX】と【ミュウツー&ミュウGX】を一撃で倒す手段が無く、逆に【ビクティニVMAX】は三神デッキのメインアタッカーとして採用されていることの多い【ガラルファイヤーV】、【ザシアンV】などを一撃で倒すことが可能です。

バトルポケモン同士の殴り合いにおいて優位性が保たれている為、有利に立ち回る事ができるでしょう。

フュージョンアーツ環境での立ち位置
ミュウVMAX こくばバドレックスVMAX
※画像はズーム可能

今の環境において【アルセウス&ディアルガ&パルキアGX】主体の三神デッキは多く見られる為、このデッキの立ち位置は悪くないものとなっています。

しかし、【ミュウツー&ミュウGX】は超弱点の為、同じく環境に多い【ミュウVMAX】デッキや【こくばバドレックスVMAX】デッキには後れを取る事でしょう。

環境としては悪くない立ち位置にはいますが、一方的に有利を取れるデッキが少ない、というような立ち位置となっています。

ジムバトル優勝/シティーリーグ優勝~BEST4デッキ

バトルリージョン環境

ビクティニVMAX/エンテイV/ファイヤー/マグマの滝壺デッキ

ビクティニVMAX/インテレオン/頂への雪道/マグマの滝壺デッキ

スターバース環境

フュージョンアーツ環境